Research Institute for Sustainable Humanosphere

ミッション専攻研究員総覧

表の下へ
関連ミッション検索用全角数字: 1 2 3 4 5
年度・番号氏名提案プロジェクト関連ミッション共同研究者
2004(平成16) 1中山友栄保存処理木材に由来するホウ素の環境内挙動吉村剛
2004(平成16) 2田邊俊朗スギからエタノール
—白色腐朽菌とマイクロ波による前処理—
渡辺隆司
2004(平成16) 3坪内健Statistical properties of intense geomagnetic storms based on extreme value theory大村善治
2004(平成16) 4廣岡孝志植物を用いた内分泌攪乱物質の環境浄化技術の開発矢崎一史
2004(平成16) 5小林正彦アカシアマンギウム樹皮中の栄養塩および微量元素の分析と林地還元性の件等矢野浩之
2004(平成16) 6Gernot HassenpflugRadar imaging as a means to study turbulence generation mechanisms and transport深尾昌一郎
2005(平成17) 1田邊俊朗マイクロ波と微生物を利用した木材からのエタノール生産渡辺隆司
篠原真毅
三谷友彦
2005(平成17) 2坪内健エネルギー収支の確率的変動に基づく生存圏リスク評価の数理モデル開発大村善治
2005(平成17) 3廣岡孝志植物を用いた内分泌攪乱物質の環境浄化矢崎一史
2005(平成17) 4古本淳一熱帯域における森林・大気相互作用に関する研究塩谷雅人
中村卓司
2005(平成17) 5古屋仲秀樹廃棄保存処理木材から発生する高濃度砒素および重金属を含んだ抽出液の無害化畑俊充
今村祐嗣
2005(平成17) 6小島陽一遺伝子発現を指標としたスギの各種材質特性の解明小松幸平
矢崎一史
黒田宏之
2006(平成18) 1古屋仲秀樹廃棄防腐処理木材無害化過程のミニマム・エミッション化畑俊充
2006(平成18) 2横山操歴史的建造物由来古材の材質評価に関するデータベースの構築全国共同研究川井秀一
2006(平成18) 3大塚史子宇宙プラズマにおける非平衡現象の統計解析大村善治
2006(平成18) 4佐々木千鶴マイクロ波・微生物複合系を利用した木質バイオマスからの機能性ポリマーの発酵生産渡辺隆司
2006(平成18) 5Thi Thi NgeDevelopment of novel biostable/ biodegradable biomimetic composites based on bacterial cellulose杉山淳司
2006(平成18) 6増野亜実金属トランスポーター発現植物による環境浄化技術の開発矢崎一史
2007(平成19) 1古屋仲秀樹廃棄防腐処理木材無害化過程のミニマム・エミッション化畑俊充
2007(平成19) 2Thi Thi NgeDevelopment of novel functionalized bacterial cellulose-based biomimetic composites杉山淳司
2007(平成19) 3増野亜実金属トランスポーター発現植物による環境浄化技術の開発矢崎一史
2007(平成19) 4藤田素子持続可能なアカシア植林地に関する生態学的研究インターミッション吉村剛
2007(平成19) 5園部太郎脱化石資源を目指したマイクロ波利用による材料(木質バイオマス材料・セラミックス・金属材料)のエネルギー・化学物質変換サーマルプロセスの開発篠原真毅
2007(平成19) 6I. Venkata Subba ReddyRegional characteristics of Precipitation, Temperature and Water vapor in the western Pacific region, in particular, Over Indonesia津田敏隆
2007(平成19) 7Ragil WidyoriniEVALUATION OF BIOMASS PRODUCTION OF PLANTATION FOREST IN TROPICAL AREA —A case study of Acacia Plantation Forest, P. T. Musi Hutan Persada, Indonesia—インターミッション川井秀一
2008(平成20) 1園部太郎脱化石資源を目指したマイクロ波利用による材料(木質バイオマス材料・セラミックス・金属材料)のエネルギー・化学物質変換サーマルプロセスの開発篠原真毅
2008(平成20) 2大橋康典アカシア材の化学資源化を目指したマイクロ波およびその増感剤を利用した反応系の開発渡辺隆司
2008(平成20) 3坂東麻衣スペースデブリ・地球接近小惑星環境計測のための軌道制御に関する研究山川宏
2008(平成20) 4原田英美子樹木を用いた重金属汚染土壌のファイトレメディエーション法の開発研究矢崎一史
2008(平成20) 5Mustafa Abul Kalam AzadRegeneration and Genetic Transformation of Acacia Mangium梅澤俊明
2008(平成20) 6I. Venkata Subba ReddyGlobal variation of water vapor using different observational platforms (Aqua, COSMIC, NCEP and ECMWF)津田敏隆
2008(平成20) 7Sasa Sofyan MunawarDevelopment of new plastic-like molded products from acacia mangium bark and natural acid reinforced with non-wood plant fibers
(非植物繊維で補強したアカシア樹皮と天然酸によるプラスチック状成形物の開発)
川井秀一
2008(平成20) 8Md Mahabubur RahmanRegeneration and Genetic Transformation of Acacia mangium
(アカシアマンギウムの形質転換と個体再生)
,インターミッション梅澤俊明
2008(平成20) 9井口一成光感応触媒を用いたバイオマス資源からの有用物質生産プロセスの開発渡辺隆司
2009(平成21) 1大橋康典アカシア材の化学資源化を目指したマイクロ波およびその増感剤を利用した反応系の開発渡辺隆司
2009(平成21) 2坂東麻衣宇宙環境利用のための軌道制御に関する研究山川宏
2009(平成21) 3原田英美子樹木を用いた重金属汚染土壌のファイトレメディエーション法の開発研究矢崎一史
2009(平成21) 4Sasa Sofyan MunawarDevelopment of acacia mangium bark molded products reinforced with natural acids and non-wood plant fibers川井秀一
2009(平成21) 5Md Mahabubur RahmanRegeneration and Genetic Transformation of Acacia mangium,インターミッション梅澤俊明
2009(平成21) 6鄭基浩スギ圧縮木材を用いたGIR接合部の開発小松幸平
2009(平成21) 7疋島充地球磁気圏放射線帯における高エネルギー粒子ダイナミクスの解明,インターミッション大村善治
2010(平成22) 1Md Mahabubur RahmanImprovement of Wood Characteristics of Tropical Acacia by Molecular Breeding,インターミッション梅澤俊明
2010(平成22) 2疋島充地球磁気圏放射線帯における高エネルギー粒子ダイナミクスの解明,インターミッション大村善治
2010(平成22) 3肥塚崇男植物揮発性化合物を利用した環境変動予測と環境ストレス耐性植物の開発矢崎一史
2010(平成22) 4王悦木材の液体浸透機構の解明による中国産低質材の改質技術の確立杉山淳司
2010(平成22) 5中谷誠ラグスクリューボルトの傾斜埋め込み接合の開発小松幸平
2010(平成22) 6西村裕志バイオマス系生理活性有機分子に関する研究渡辺隆司
2011(平成23) 1樫村京一郎マイクロ波による低炭素化社会構築への開発研究篠原真毅
2011(平成23) 2木村彰孝人の心理・生理応答による木質内装材の健康維持・増進作用評価システムの開発
—視覚と嗅覚を指標として—
川井秀一
2011(平成23) 3田鶴寿弥子材鑑調査室を利用した文理融合研究の推進
—木質文化財にみる日本人の木材選択—
杉山淳司
2011(平成23) 4山元誠司木質バイオマス由来抗ウイルス性化合物の探索渡辺隆司
2011(平成23) 5Sanjay Kumar MEHTAA study on the variation of the tropical tropopause by using high precision satellite data
精密衛星観測データを用いた熱帯の対流圏界面の変動特性に関する研究
津田敏隆
2011(平成23) 6横山竜宏高精細大気圏・電離圏統合モデルによる電離圏擾乱現象の解明山本衛
2012(平成24) 1樫村京一郎マイクロ波による低炭素化社会構築への開発研究
Research and development for low-carbon society by microwave energy transmission
篠原真毅
2012(平成24) 2Sanjay Kumar MEHTAA study on the variation of the tropical tropopause by using high precision satellite data
精密衛星観測データを用いた熱帯の対流圏界面の変動特性に関する研究
津田敏隆
2012(平成24) 3横山竜宏高精細大気圏・電離圏統合モデルによる電離圏擾乱現象の解明
Study of ionospheric irregularities with high resolution atmosphere-ionosphere coupling model
山本衛
2012(平成24) 4鈴木遥木質資源の循環利用システムを地域社会=文化においてどう構築するか
How Sustainable Utilization System of Wood-based Resources be Conducted on Local Community?
森拓郎
2012(平成24) 5中宮賢樹地球周辺の宇宙環境の積極的改善に向けた工学研究
Engineering Research for Improving the Space Environment around the Earth
山川宏
2012(平成24) 6松原恵理木質資源の“心地良さ”と生理応答の評価システムの確立
Establish a system for evaluation of physiological responses by wood resources related with “Comfort” emotion
川井秀一
2013(平成25) 1稲飯洋一大気微量成分観測に基づく対流圈成層圏大気輸送過程の評価
A study of transport processes from the troposphere to the stratosphere based on observations of atmospheric trace gases
塩谷雅人
2013(平成25) 2鈴木遥地域材を用いた住宅による木材の循環利用システムの構築
Construction of Sustainable Utilization System for Wood-based Resources with Local Wooden Houses
森拓郎
2013(平成25) 3中宮賢樹地球周辺の宇宙環境の積極的改善に向けた工学研究
Engineering Research for Improving the Space Environment around the Earth
山川宏
2013(平成25) 4堀川祥生「糖化されやすい」セルロースの化学構造特性と酵素との相互作用に関する研究
Chemical and structural features of readily-digestible cellulose substrates and their interaction with enzymes
杉山淳司
2013(平成25) 5松原恵理木材の抽出成分による健康影響に関する評価研究
Research on human health effects of wood extracts
矢野浩之
2013(平成25) 6山村正臣新規有用木質を産生する大型イネ科植物の作出に向けた基盤研究
Fundamental research for the production of large-size gramineous plants producing a novel useful lignocellulose
梅澤俊明
2014(平成26) 1稲飯洋一大気微量成分観測に基づく対流圈成層圏大気輸送・混合過程の評価
Research on atmospheric transport and mixing processes in the troposphere and the stratosphere based on trace gas observations
塩谷雅人
2014(平成26) 2BONG Lee-JinSemiochemical communication of Heterobostrychus aequalis (Waterhouse):host location and aggregation signals
侵入木材害虫ホソナガシンクイの化学コミュニケーション:食害木の定位と集合シグナル
吉村剛
2014(平成26) 3Yao YAOシミュレーションに基づくサブストームの仮想実験
Study on substorms by virtual experiment on the basis of global simulations
海老原祐輔
2014(平成26) 4高橋良香木質材料がヒトの心理生理に与える作用に関する研究 ~木質材料の断面と表面加工の違いの影響、各種受容感覚の寄与率の推定~
Psychological and Physiological Effects of Wood Composite Products, Section of Wood and Surface Processing and their Estimate of the Contribution Ratio of Various Senses
矢崎一史
2014(平成26) 5潮見幸江重力勾配計の小型可搬化開発
Development of a transportable laser-interferometric gravity gradiometer
津田敏隆
2015(平成27) 1BONG Lee-JinSemiochemical communication of Heterobostrychus aequalis (Waterhouse): host location and aggregation signals
侵入木材害虫ホソナガシンクイの化学コミュニケーション:食害木の定位と集合シグナル
吉村剛
2015(平成27) 2Yao YAOグローバル電磁流体シミュレーションを用いた仮想実験に基づくサブストームの研究
Study on the substorms by virtual experiment on the basis of global MHD simulations
海老原祐輔
2015(平成27) 3新堀淳樹多様な観測データベースを用いた地球大気環境の長期変動に関する研究
Study on long-term variation of the earth’s atmospheric environment using a variety of observation databases
津田敏隆
2015(平成27) 4高橋良香スギ材がヒトの心理生理に及ぼす作用 ~受容感覚間の相互作用~
Psychological and Physiological Effects of Japanese Cedar, Interaction among Various Senses
矢崎一史
2015(平成27) 5成田亮植物バイオマス由来抗ウイルス活性物質の探索
Antiviral compounds of plant biomass
渡辺隆司
2016(平成28) 1坂部綾香同位体情報を活用した温帯・亜寒帯・熱帯の森林における群落スケールメタン交換量の変動要因の解明
A clarification of variable factors affecting ecosystem-scale methane exchange in temperate, boreal and tropical forests using isotope analysis
髙橋けんし
2016(平成28) 2新堀淳樹多様な観測データベースを用いた地球大気環境の長期変動に関する研究
Study on long-term variation of the earth’s atmospheric environment using a variety of observation databases
津田敏隆
2016(平成28) 3田中聡一木材の流動成形における高度制御型化学処理手法の開発
Development of techniques for highly controlled chemical treatment in wood flow forming
金山公三
2016(平成28) 4成田亮植物バイオマス由来抗ウイルス活性物質の探索
Antiviral compounds of plant biomass
渡辺隆司
2017(平成29) 1Tran Do VanForest carbon sequestration, a contribution of forest to reduce CO2 concentration in the atmosphere against global warming and climate change
地球温暖化と気候変動に対抗して大気中のCO2濃度を低減する森林炭素隔離
山本衛
2017(平成29) 2銭谷誠司無衝突磁気リコネクションの運動論的研究
Kinetic modeling of collisionless magnetic reconnection
大村善治
2017(平成29) 3田中聡一木材の流動成形における高度制御型化学処理手法の開発
Development of techniques for highly controlled chemical treatment in wood flow forming
金山公三
2017(平成29) 4應田涼太植物バイオマス由来抗ウイルス活性物質の探索
Antiviral compounds of plant biomass
渡辺隆司
2018(平成30) 1Tran Do VanForest carbon sequestration, a contribution of forest to reduce CO2 concentration in the atmosphere against global warming and climate change
地球温暖化と気候変動に対抗して大気中のCO2濃度を低減する森林炭素隔離
山本衛
2018(平成30) 2應田涼太植物バイオマス由来抗ウイルス活性物質の探索
Antiviral compounds of plant biomass
渡辺隆司
2018(平成30) 3川﨑崇精密代謝デザインによる高度特異的抗卵菌物質の創製
Creation of highly specific anti-oomycetes substance according to the precision metabolism design
矢崎一史
2018(平成30) 4銭谷誠司無衝突磁気リコネクションの運動論的研究
Kinetic modeling of collisionless magnetic reconnection
大村善治
2018(平成30) 5Chun-Yi LinVirus-invasive ant interactions: virus diversity, illness-induced behavioral changes and development of biocontrol agent
外来アリとウイルスの相互作用の解明:ウイルス多様性、病理学、生物的防除剤の開発
Yang Chin-Cheng
2019(平成31) 1Chun-Yi LinVirus-invasive ant interactions: virus diversity, illness-induced behavioral changes and development of biocontrol agent
外来アリとウイルスの相互作用の解明: ウイルス多様性、病理学、生物的防除剤の開発
Yang Chin-Cheng
2019(平成31) 2浅野麻実子マイクロ波精密制御による癌の集学的治療とセラノスティックス
The multimodal therapy and theranostics for cancer by use of controlled-microwave irradiation.
篠原真毅
2019(平成31) 3安宅未央子樹体内炭素動態に基づいた森林土壌の炭素放出プロセスの解明
Forest soil carbon dynamics: carbon allocation of tree photosynthate to belowground ecosystem
高橋けんし
2019(平成31) 4川﨑崇精密代謝デザインによる高度特異的抗卵菌物質の創製
Creation of highly specific anti-oomycetes substance according to the precision metabolism design
矢崎一史
2020(令和 2) 1Pui Ying LAMIntroduction of new lignin, flavonoid and stilbenoid features into grass biomass towards sustainable production of bioenergy and phytochemicals
バイオエネルギー及びファイトケミカルスの持続的生産に向けたイネ科バイオマスへの新規なリグニン、フラボノイド、スチルベノイド特生の導入
-2飛松裕基
2020(令和 2) 2安宅未央子樹体内炭素動態に基づいた森林土壌の炭素放出プロセスの解明
Forest soil carbon dynamics: carbon allocation of tree photosynthate to belowground ecosystem
高橋けんし
2020(令和 2) 3中村亮介母岩が異なる森林土壌からの炭素放出と微生物群集の関係解明
Variation in soil respiration and its relation to microbial community in contrasting soil types in temperate forests
塩谷雅人

ページ先頭へもどる
2020年5月22日作成

一つ前のページへもどる