Research Institute for Sustainable Humanosphere

第350回生存圏シンポジウム
木質系材料の有効利用の最新技術(男女共同参画との連携)

開催日時 2017(平成29)年10月28日(土)
開催場所 ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
申請代表者 金山公三 (京都大学生存圏研究所循環材料創成分野)

目的および内容

「地球環境保全」に向けた取り組みが社会からの強い要請となりつつある。また生存圏研究所の新しいミッションとして「生存圏の質の向上」を掲げており、その有効な手段の一つとして「木質系材料の有効利用」の促進が期待されている。申請者らは、この実現に寄与する研究開発を進めるとともに、産官学連携による技術開発の実用化を目指して、情報発信や連携構築の契機となるシンポジウム開催を行ってきた。

今年は、隔年開催の日本木工機械展が、名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)にてウッドエコテック2017として開催され、国内外から約2万名の参加者が集まる。この会場内で、「木質系材料の有効利用の最新技術」をテーマとしたシンポジウムを開催する。講師は、大学や研究機関に加えて、展示を行っている企業からも研究成果を発表してもらう。加えて、最近の潮流として「男女共同参画」が社会的に重視されているので女性講師による体験談も交え、研究現場や社会が現状を把握し、それを踏まえた今後の展望を模索する機会とする。

ページ先頭へもどる
2017年7月21日作成

一つ前のページへもどる