menu

宇宙圏電磁環境探査分野の菊川素如さんが、プラズマ粒子計測器に使用される検出器部分の超小型化に関する論文を発表しました

2023.01.26
宇宙圏電磁環境探査分野の菊川素如さんが、プラズマ粒子計測器に使用される検出器部分の超小型化に関する論文を発表しました

宇宙圏電磁環境探査分野の菊川素如さんが、プラズマ粒子計測器に使用される、検出器部分の超小型化に関する論文を発表しました。この超小型検出器は、将来の宇宙環境探査での利用が期待されています。 Development of m […]

森林圏遺伝子統御分野の中安大さんらが、トマト根圏での代謝物を介した植物-微生物相互作用や根圏微生物群の接種によるトマトの生育改善に関する総説を発表しました

2023.01.10
森林圏遺伝子統御分野の中安大さんらが、トマト根圏での代謝物を介した植物-微生物相互作用や根圏微生物群の接種によるトマトの生育改善に関する総説を発表しました

森林圏遺伝子統御分野の中安大さんらが、トマト根圏での代謝物を介した植物-微生物相互作用や 根圏微生物群の接種によるトマトの生育改善に関する最近の研究をまとめた総説を発表しました。 Plant specialized me […]

生存圏電波応用分野の楊波さんが、焦点ビーム型自動追尾マイクロ波無線電力伝送技術に関する論文を発表しました

2023.01.10
生存圏電波応用分野の楊波さんが、焦点ビーム型自動追尾マイクロ波無線電力伝送技術に関する論文を発表しました

生存圏電波応用分野の楊波さんが、焦点ビーム型自動追尾マイクロ波無線電力伝送技術に関する論文を発表しました。2022年5月26日改正の電波法を満たすフェーズドアレーを構築し、画像認識技術による自動追尾送電を行うことで、近距 […]

生物機能材料分野の博士課程2年生Haoyue Liuさんが紙の湿潤強度がセルロースナノファイバーによりどう強化されるかを分析した論文を発表しました

2022.11.24
生物機能材料分野の博士課程2年生Haoyue Liuさんが紙の湿潤強度がセルロースナノファイバーによりどう強化されるかを分析した論文を発表しました

生物機能材料分野の博士課程2年生Haoyue Liuさんが執筆した、紙の湿潤強度がセルロースナノファイバーによってどのように強化されるかを詳細に分析した論文がCellulose誌に掲載されました。 https://doi […]

先端計測技術開発ユニットの上田義勝助教が、ウルトラファインバブルが稲作水田に及ぼす効果について論文を発表しました。

2022.10.28
先端計測技術開発ユニットの上田義勝助教が、ウルトラファインバブルが稲作水田に及ぼす効果について論文を発表しました。

先端計測技術開発ユニットの上田義勝助教が、ウルトラファインバブルが稲作水田に及ぼす効果を解明し、Water Supply誌にて発表しました。 Fine soil particle aggregation in ultra […]

ミッション専攻研究員のMegha Pandyaさんが内部磁気圏中のイオン(H+, He+,O+)について論文を発表しました。

2022.10.27
ミッション専攻研究員のMegha Pandyaさんが内部磁気圏中のイオン(H+, He+,O+)について論文を発表しました。

ミッション専攻研究員のMegha Pandyaさんが内部磁気圏中のイオン(H+, He+,O+)について論文を発表しました。磁気嵐時の変動がエネルギー、地心距離、イオン種に依存することを明らかにしました。 Pandya […]

生物機能材料分野のTing-Hsuan Kuさんがクラフト蒸解がパルプのナノ解繊に及ぼす影響とその原因についての論文を発表しました。

2022.10.13
生物機能材料分野のTing-Hsuan Kuさんがクラフト蒸解がパルプのナノ解繊に及ぼす影響とその原因についての論文を発表しました。

生物機能材料分野のTing-Hsuan Kuさんが、Carbohydrate Polymers誌にて、クラフト蒸解がパルプのナノ解繊に及ぼす影響とその原因について考察した論文を発表しました。 https://doi.or […]

森林代謝機能化学分野の Andri Martin 博士(現・インドネシア国立研究革新庁・Researcher)が細胞壁を改変したイネに関する論文を発表しました

2022.10.11
森林代謝機能化学分野の Andri Martin 博士(現・インドネシア国立研究革新庁・Researcher)が細胞壁を改変したイネに関する論文を発表しました

森林代謝機能化学分野の Andri Martin 博士(現・インドネシア国立研究革新庁・Researcher)が細胞壁を改変したイネに関する論文を発表しました。ゲノム編集によってバイオマス糖化性の優れたイネ変異体を作出し […]

生物機能材料分野の阿部賢太郎准教授がセルロースミクロフィブリルから作製したゲルの人工木化に関する論文を発表しました。

2022.09.30
生物機能材料分野の阿部賢太郎准教授がセルロースミクロフィブリルから作製したゲルの人工木化に関する論文を発表しました。

生物機能材料分野の阿部賢太郎准教授がHolzforschung誌にて、セルロースミクロフィブリルから作製したゲルの人工木化に関する論文を発表しました。木化が細胞壁に及ぼす力学的寄与が実証されました。 タイトル:Artif […]

生物機能材料分野の阿部賢太郎准教授がボールミル処理木粉から作製する強固な成型品に関する論文を発表しました

2022.09.30
生物機能材料分野の阿部賢太郎准教授がボールミル処理木粉から作製する強固な成型品に関する論文を発表しました

生物機能材料分野の阿部賢太郎准教授により、BioResources誌にてボールミル処理木粉から作製する強固な成型品に関する論文が発表され、粉砕時の溶媒が木粉の表面性状に大きく作用することが明らかにされました。 論文タイト […]

循環材料創成分野のRahma Nur KOMARIAHさん(現 Sumatera Institute of Technology教員)がオイルパーム樹幹を原料に用いた環境に優しいパーティクルボードの開発に関する論文を発表しました。

2022.09.28
循環材料創成分野のRahma Nur KOMARIAHさん(現 Sumatera Institute of Technology教員)がオイルパーム樹幹を原料に用いた環境に優しいパーティクルボードの開発に関する論文を発表しました。

循環材料創成分野のRahma Nur KOMARIAHさん(現 Sumatera Institute of Technology教員)がオイルパーム樹幹を原料に用いた環境に優しいパーティクルボードの開発に関する論文を発表 […]

マテリアルバイオロジー分野の近藤辰哉さん(現・農研機構研究員)がセルロース合成酵素複合体に関する論文をFEBSLetters誌に発表しました

2022.09.21
マテリアルバイオロジー分野の近藤辰哉さん(現・農研機構研究員)がセルロース合成酵素複合体に関する論文をFEBSLetters誌に発表しました

マテリアルバイオロジー分野の近藤辰哉さん(現・農研機構研究員)がセルロース合成酵素複合体に関する論文をFEBSLetters誌に発表しました。生存圏萌芽研究に一部支援をいただいた成果です。 https://doi.org […]

居住圏環境共生分野のBramantyo Wikantyosoさんがイエシロアリの感覚毛についての論文を発表しました

2022.09.06
居住圏環境共生分野のBramantyo Wikantyosoさんがイエシロアリの感覚毛についての論文を発表しました

居住圏環境共生分野のBramantyo Wikantyosoさんが、イエシロアリ兵蟻の体表に存在する、嗅覚以外を受容する感覚毛の微細構造とその分布について、微細構造から感覚毛の機能を推定するとともに、イエシロアリの種類に […]

馬場啓一助教が樹木の年輪形成に関する論文を発表しました

2022.08.24
馬場啓一助教が樹木の年輪形成に関する論文を発表しました

マテリアルバイオロジー分野の馬場啓一助教が樹木の年輪形成に関する論文を発表しました。 5ヶ月で1年輪を形成させる人工環境、周年短縮系を応用して、年輪内の組織構 造形成に及ぼす日長と温度の影響をそれぞれ独立に示すことができ […]

レーダー大気圏科学分野の劉鵬さんが電離圏擾乱の統計解析に関する論文を発表しました

2022.07.28
レーダー大気圏科学分野の劉鵬さんが電離圏擾乱の統計解析に関する論文を発表しました

レーダー大気圏科学分野の劉鵬さんが電離圏擾乱の統計解析に関する論文を発表しました。機械学習による電離圏擾乱の自動検出を利用した成果です。 Statistical Analysis of Medium-Scale Trav […]

森林圏遺伝子統御分野の市野琢爾さんが脂溶性物質を植物細胞が分泌する現象に関して総説を発表しました

2022.07.21
森林圏遺伝子統御分野の市野琢爾さんが脂溶性物質を植物細胞が分泌する現象に関して総説を発表しました

森林圏遺伝子統御分野の市野琢爾さんが、ワックス成分や香り成分など脂溶性物質を植物細胞が分泌する現象に関して、ABC輸送体と膜交通が関わるメカニズムの情報をまとめたミニ総説を発表しました。DASH/FBASを利用した成果も […]

生物機能材料分野のKu Ting Hsuanさんが、クラフト蒸解がセルロースナノファイバーの製造を妨げる要因となることを初めて示した論文を発表しました。

2022.07.05
生物機能材料分野のKu Ting Hsuanさんが、クラフト蒸解がセルロースナノファイバーの製造を妨げる要因となることを初めて示した論文を発表しました。

生物機能材料分野のKu Ting Hsuanさんが、クラフト蒸解がセルロースナノファイバーの製造を妨げる要因となることを初めて示した論文を発表しました。 バイオナノマテリアル製造評価システム(CAN-DO)を利用した成果 […]

森林圏遺伝子統御分野の李 豪さんが薬用植物ムラサキのゲノムとABC輸送体遺伝子ファミリーの俯瞰に関する論文を発表しました

2022.06.29
森林圏遺伝子統御分野の李 豪さんが薬用植物ムラサキのゲノムとABC輸送体遺伝子ファミリーの俯瞰に関する論文を発表しました

森林圏遺伝子統御分野の李 豪さんが薬用植物ムラサキのゲノムとABC輸送体遺伝子ファミリーの俯瞰に関する論文を発表しました。 ムラサキは、聖徳太子の冠位十二階の最高位の色を染めた染料植物でもあります。DASH/FBASを利 […]

〒 611-0011 京都府宇治市五ヶ庄
TEL: 0774-38-3346 FAX: 0774-38-3600
E-mail: webmaster@rish.kyoto-u.ac.jp