Research Institute for Sustainable Humanosphere

定例オープンセミナー

案内

  • 第274回定例オープンセミナーは2021年10月27日(水)12時30分~13時20分にオンライン(Zoom)のみでの開催となります
  • 聴講希望の方は、要旨ページ記載のGoogleフォームへご登録ください。
    Googleフォームへご登録ができない方は、ご所属、お名前、連絡先等記してメールにてお問い合わせください。
    オープンセミナー事務局: rish-center_events@rish.kyoto-u.ac.jp
    開催日当日午前10時までにご連絡ください。
  • 第34回からオープンセミナーの回数は2004 (平成16)年度からの通し番号表示にしました。
  • 2008年度より開始時刻および終了時刻は12:30~13:20になりました。
  • 年度末に萌芽ミッション研究の総決算として「生存圏ミッションシンポジウム」を開催します。

第274回定例オープンセミナー(2021年10月27日 12:30,Zoom)

【発表者】 藤井義晴 (東京農工大学大学院農学研究院・特任教授)
【題目】 Study on Allelopathy and Utilization for Agriculture and Forestry
植物のアレロパシーの探索と農林業への利用
【内容】 Allelopathy is an interaction between plant and plant, microorganism, insects and animals. We have screened about 5,000 plants by specific bioassays, developed total activity method for elucidation of allelochemical and reported about 30 allelochemicals. We found inhibitor for gravitropism as potential inhibitor for climbing weed, such as Kudzu.
We found hairy vetch (Vicia villosa) as practical crop for agriculture. Recent CREST project, Dr. Akifumi Sugiyama (RISH, Kyoto Univ.) as a research director under the title of “Elucidation of rhizosphere chemical world for the regulation of crop robustness”, we found hairy vetch play an important role in the robustness of rhizosphere by producing specific allelochemicals.
【資料】 第274回 Web ページ | PDF ファイル(200 540 バイト)

今後の開催日

  • 2021-11-24 第275回定例オープンセミナー
    氏原秀樹 (京都大学生存圏研究所・ミッション専攻研究員)
  • 2021-12-22 第277回定例オープンセミナー
    島田浩章 (東京理科大学・教授)
  • 2022-01-19 第278回定例オープンセミナー
    袁巧微 (東北工業大学・教授)
  • 2022-01-26 第279回定例オープンセミナー
    市川隆一 (情報通信研究機構電磁波研究所時空標準研究室・研究マネージャー)

オープンセミナーの風景

オープンセミナーの風景 1オープンセミナーの風景 2

終了したオープンセミナー

過去の定例オープンセミナー

ページ先頭へ

一つ前のページへもどる