Research Institute for Sustainable Humanosphere

定例オープンセミナー

案内

  • 第256回定例オープンセミナーは2020年7月29日(水)12時30分~13時20分に総合研究実験1号棟5階HW525にて開催します(同時にZoom配信します)。
  • 聴講希望の方は、ご所属、お名前、連絡先等記してメールにてお問い合わせください。
    オープンセミナー事務局: rish-center_events@rish.kyoto-u.ac.jp
  • 第34回からオープンセミナーの回数は2004 (平成16)年度からの通し番号表示にしました。
  • 2008年度より開始時刻および終了時刻は12:30~13:20になりました。
  • 年度末に萌芽ミッション研究の総決算として「生存圏ミッションシンポジウム」を開催します。

第256回定例オープンセミナー(2020年7月29日 12:30,於HW525 & Zoom)

【発表者】 中村亮介(京都大学生存圏研究所・ミッション専攻研究員)
【題目】 Forests as a self-sustainable ecosystem — significance of leaf decomposition (森林の維持機構を考える — 落葉分解の重要性)
【内容】 There is a wide consensus that forests are key in climate change mitigation, but we still have much to learn about how plant-microbial-soil interactions contribute to self-sustainability of forest ecosystems. In this talk, I will outline what we know about decomposition of dead leaves by microbes that is crucial for understanding of the self-sustainability of forest. I will highlight my work on Mt. Oe in Northern Kyoto, where natural ecosystems established on the rock that contains high concentrations of heavy metals such as nickel provide a perfect opportunity to investigate how leaf decomposition interacts with various environmental stresses (heavy metal toxicity, poor nutrient condition and low water availability in the soil). Here, I will report that slow decomposition of dead leaves from trees could delay cycling of nutrients in the ecosystem established on the rock with high concentrations of heavy metals, but trees are able to manage their lives in such a harsh environment in a manner that differs by species. The knowledge we gain from Mt. Oe could also be used for phytoremediation technologies to collect hazardous substance in the contaminated soil.
【資料】 第256回 Web ページ | PDF ファイル(318 046 バイト)

今後の開催日

  • 2020-09-16 第257回定例オープンセミナー
    Biosynthesis and bioengineering of flavonolignin (tricin-lignins): a unique cell wall component in grass biomass
    イネ科植物バイオマスを特徴づけるフラボノリグニン(トリシン-リグニン)の生合成と代謝工学
    Pui Ying LAM(京都大学生存圏研究所・ミッション専攻研究員)
  • 2020-09-23 第258回定例オープンセミナー
    クエン酸系接着におけるクエン酸と木材成分のリグニンとの化学結合の構造解析
    Chemical bonding structures between citric acid and lignin in wood adhesion with citric acid
    安藤大将(京都大学生存圏研究所・ミッション専攻研究員)
  • 2020-11 定例オープンセミナー
    樹体内炭素動態観測による幹からのCO2放出プロセスの解明
    Clarification of CO2 efflux from tree stem with monitoring carbon allocation of tree photosynthate
    安宅未央子(京都大学生存圏研究所・ミッション専攻研究員)

オープンセミナーの風景

オープンセミナーの風景 1オープンセミナーの風景 2

終了したオープンセミナー

過去の定例オープンセミナー

ページ先頭へ

一つ前のページへもどる