Research Institute for Sustainable Humanosphere

定例オープンセミナー

案内

  • 第246回定例オープンセミナーは2019年6月26日(木)12時30分~13時20分に総合研究実験1号棟5階HW525にて開催します。
  • 宇治キャンパス建物配置図PDFファイル
  • 定例オープンセミナー開催日・題目・発表者の一覧
  • 第34回からオープンセミナーの回数は2004 (平成16)年度からの通し番号表示にしました。
  • 2008年度より開始時刻および終了時刻は12:30~13:20になりました。
  • 年度末に萌芽ミッション研究の総決算として「生存圏ミッションシンポジウム」を開催します。

第246回定例オープンセミナー(2019年6月26日 12:30,於HW525)

【発表者】 Lin Chun-Yi (Mission Research Fellow, RISH Kyoto University)
【題目】 Diversity of honeybee virus in invasive ants: assessing the threat of pathogen spillover
【内容】 Recent studies have shown that ants often are infected by honeybee viral pathogens likely during their interactions with honeybee, suggesting that cross-species transmission of honeybee viruses may have occurred commonly than previously thought. However, these studies are either at regional level or focused on only one or two honeybee viruses.
To understand the dynamics of multiple honeybee viruses in invasive ant at a large geographic scale, more than 350 samples of two invasive ant species, namely yellow crazy ant (Anoplolepis gracilipes) and longhorn crazy ant (Paratrechina longicornis), collected across Asian regions were surveyed for the presence of six honeybee viruses including Acute bee paralysis virus (ABPV), Black queen cell virus (BQCV), Chronic bee paralysis virus (CBPV), Deformed wing virus (DMV), Israeli acute paralysis virus (IAPV), and Kashmir bee virus (KBV). The results showed that all studied viruses except Sacbrood virus (SBV) were detected in at least one geographic population of both species. Other noteworthy patterns include 1) multiple infection appears to be rare in both species and 2) the longhorn crazy ants generally harbor more honeybee viruses both in richness and infection rate. This study provides the very first baseline information in assessing potential threat of invasive ants as “virus spillover” source in honeybee and other pollinators.
【資料】 第246回 Web ページ | PDF ファイル(144 819バイト)
Zoom ID: 215-314-2974

今後の開催日

  • 2019-07-17 第247回定例オープンセミナー
    癌セラノスティックスにおける最近の研究動向(仮)
    The review of current research in cancer theranostics
    浅野麻実子(京都大学生存圏研究所・ミッション専攻研究員)
  • 2019-07-24 第248回定例オープンセミナー
    安宅未央子(京都大学生存圏研究所・ミッション専攻研究員)
  • 2019-10-30 第251回定例オープンセミナー
    宇宙生存環境拡大のために:宇宙放射線と重力環境変化の複合影響研究
    For expansion of sustainable space environments:Evaluation studies on the combined effect of space radiation and gravity change
    高橋昭久(群馬大学重粒子線医学研究センター・教授)
  • 2019-11-27 第253回定例オープンセミナー
    ナノ秒パルス高電界の生体作用と医療応用
    Biological actions and possible medical applications of nanosecond pulsed electric fields
    矢野憲一(熊本大学パルスパワー科学研究所・教授)
    Zoom ID: 215-314-2974

オープンセミナーの風景 1オープンセミナーの風景 2

終了したオープンセミナー

過去の定例オープンセミナー

ページ先頭へ

一つ前のページへもどる