Research Institute for Sustainable Humanosphere

第347回生存圏シンポジウム
第11回MUレーダー・赤道大気レーダーシンポジウム

開催日時 2017(平成29)年9月7日(木)~8日(金)
開催場所 京都大学宇治キャンパス総合研究実験1号棟5階 HW525
申請代表者 橋口浩之 (京都大学生存圏研究所レーダー大気圏科学分野)

Webページ: http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/ear/sympo.html

目的および内容

MUレーダーは滋賀県甲賀市信楽町に位置する中層・超高層及び下層大気観測用VHF帯大型レーダーで、1984年の完成後すぐから全国(国際)共同利用に供されてきた。2003年度に「MUレーダー観測強化システム」が導入され、レーダーイメージング観測などの機能向上が図られている。MUレーダーは世界初のアクティブ・フェーズド・アレイ方式の大気レーダーとして、IEEEマイルストーンに認定された。一方、インドネシア共和国西スマトラ州に位置する赤道大気レーダー(EAR)は、2000年度末に完成した大型大気観測用レーダーで、2005年10月からEARとその関連設備の全国国際共同利用を行っている。本研究集会では、共同利用により得られた研究成果のほか、大気レーダー・大気科学に関連する研究成果や計画について報告・議論することを目的とする。現在概算要求中の赤道MUレーダーを利用した将来計画についても議論する予定である。

従来、MUレーダーシンポジウム、赤道大気レーダーシンポジウムとして別々に研究集会を開催してきたが、両レーダーの連携した共同利用研究を一層促進するために、2012年6月に両共同利用専門委員会を統合したことを受けて、同年よりMUレーダー・赤道大気レーダーシンポジウムとして開催している。発表は全て口頭発表で、充分な質疑の時間を確保するため、1件当たり20分以上の時間を確保する。30件以上の発表が見込まれるため、2日間に渡って開催する。発表内容を記録に残すため、プロシーディング集を印刷・刊行する。

ページ先頭へもどる
2017年6月12日作成

一つ前のページへもどる