menu

第492回生存圏シンポジウム
STE研究連絡会現象報告会および現象解析ワークショップ(第二回: 磁気圏・電離圏プラズマ、超高層大気変動の相互作用)

更新日: 2022/09/15

開催日時 2023(令和5)年3月6日(月)
申請代表者 阿部修司 (九州大学国際宇宙惑星環境研究センター)
所内担当者 海老原祐輔 (京都大学生存圏研究所生存科学計算機実験分野)

目的および内容

2023年3月に「STE連絡会現象報告会およびSTE現象解析ワークショップ」をオンラインにて開催する。本研究集会では、太陽-地球結合系における一連の擾乱現象=宇宙天気を、主に磁気圏・電離圏プラズマ、超高層大気変動の相互作用の観点から、一つの太陽地球系複合システムの流れとして理解することを目的とする。研究集会では、各領域にて様々な手法(人工衛星、太陽電波、IPS、磁力計、電離層レーダー、オーロラカメラ等)で観測・公開されているデータを一同に会し、各領域のシニアな研究者から学生までがそれぞれの立場から発表・議論を行う。主に直近の宇宙天気イベントをターゲットとするが、各参加者が興味を持っている解析期間、イベント解析の発表も歓迎する。直近に発生した宇宙天気現象を題材にして、過去の現象との繋がりも含めて解析を行うことで、太陽地球系複合システムへのさらなる理解を深めることが出来る。さらに、学生の招待講演や、モデル化の試み、解析途中の結果などの発表も受け入れ、若手育成・集団思考の場としての機能を果たす。

ページ先頭へもどる
2022年9月15日作成

一つ前のページへもどる

〒 611-0011 京都府宇治市五ヶ庄
TEL: 0774-38-3346 FAX: 0774-38-3600
E-mail: webmaster@rish.kyoto-u.ac.jp