menu

第486回生存圏シンポジウム
Asian Wireless Power Transfer Workshop 2022 (AWPT 2022)

更新日: 2022/09/14

開催日時 2022(令和4)年12月5日(水)~6日(木)
開催場所 京都大学宇治キャンパスきはだホール+オンラインのハイブリッド開催
申請代表者 三谷友彦 (京都大学生存圏研究所生存圏電波応用分野)

目的および内容

AWPTの目的は、無線電力伝送に関連する最新の研究開発や技術動向をアジア圏の研究者間で共有するとともに、特に学生を含む若手研究者の国際学会発表の機会を与えるためのプラットフォームを提供することである。無線電力伝送は、携帯端末へのワイヤレス充電などにおいて既に実用化されており、近年ではウェアラブルデバイス/IoTデバイスへのワイヤレス給電、ドローンに対するワイヤレス給電など、様々な社会インフラへの応用が期待されている。さらに、2022年5月には日本国内において電波法施行規則が改正され無線電力伝送用構内無線局の開設が法整備されるなど、空間伝送型無線電力伝送技術の実用化の機運が高まっている。このような背景から2015年にAWPTが創設され、アジア圏内で毎年開催されている。2022年は京都大学宇治キャンパスきはだホールとオンラインとのハイブリッドで開催する。基調講演2件程度、一般講演(口頭)30件程度、一般講演(ポスター発表もしくはオンライン動画視聴)20件程度を予定しており、優秀な発表にはAwardが贈呈される。なお、AWPTは電子情報通信学会・無線電力伝送研究会の第2種研究会として企画運営されているが、AWPTの予算は学会とは独立している。

ページ先頭へもどる
2022年9月14日作成

一つ前のページへもどる

〒 611-0011 京都府宇治市五ヶ庄
TEL: 0774-38-3346 FAX: 0774-38-3600
E-mail: webmaster@rish.kyoto-u.ac.jp