menu

第480回生存圏シンポジウム
中間圏・熱圏・電離圏研究会

更新日: 2022/09/15

開催日時 2022(令和4)年9月27日(火)~30日(金)
開催場所 ハイブリット開催(現地会場:名古屋大学、Zoomオンライン)
申請代表者 藤本晶子 (九州工業大学情報工学研究院)
所内担当者 横山竜宏 (京都大学生存圏研究所レーダー大気圏科学分野)
=======================================================
名大ISEE/極地研 共同主催
「中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究集会」
「太陽地球系物理学分野のデータ解析手法、ツールの理解と応用研究集会」
「2022年(令和4年度)・第1回STE(太陽地球環境)現象報告会」
名大ISEE主催
「宇宙空間からの地球超高層大気観測に関する研究会」
=======================================================

日程:2022年9月27日(火)-30日(金)
開催方式:ハイブリッド(27-29日)、オンライン(30日)現地:名古屋大学
オンライン:zoom
各研究集会の参加及び講演の申し込み方法については、後日改めてご案内致します。


参加申し込み:
下記のウェブフォームより
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScFj9R8s3ZFENjbVez8MOTqjQqWeeX-G7RH73bGV9j_5raggw/viewform
※ 合同4研究集会(STE現象報告会、中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究集会、太陽地球系物理学分野のデータ解析手
法、ツールの理解と応用研究集会、宇宙空間からの地球超高層大気観測に関する研究会)共通のフォームです)

参加申し込み期限: 2022年9月16日(金)


COVID-19対策のため、合同ポスター発表(9月30日午前)とデータ解析講習会(9月30日午後)のセッションはオンラ
インのみでの発表のみになります。

■ 中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究集会(9月28日午前、9月29日午後、9月30日午前)
中間圏・熱圏・電離圏(Mesosphere, Thermosphere and Ionosphere; MTI)領域は、太陽や宇宙からの粒子及び電磁
エネルギーの流入による影響に加え、下層大気から伝搬する大気波動などによって激しく変動する領域である。
また、同領域は、衛星測位に対する誤差要因など現代の社会基盤維持といった応用的な観点からも注目が高まってい
る。本研究集会は、上記のようなMTI領域の特徴を意識し、この領域で生じている物理・化学過程の理解を深めるこ
と、および他の研究領域や社会への応用を俯瞰的に捉えることを目的とする。
昨年度に引き続き、MTIコミュニティ全体としての更なる活性化をはかるためにシニアと若手研究者の交流促進を目
的とし、世代を超えた議論を行う場を提供することを予定している。また、地球だけでなく他惑星に関連したMTI分野
の発表の取り入れることで、比較惑星学的見地に基づく広い意味でのMTI結合過程の理解を深める。

■「太陽地球系物理学分野のデータ解析手法、ツールの理解と応用」(9月29日午前、9月30日午前/午後)
本研究集会は、データ解析にフォーカスし、有用な解析手法の情報共有や、各々の研究において抱えている解析課題
の解決を通じて、それぞれの研究活動を加速させることを目的とします。特に、学生の皆さんには、研究成果の発表
だけではなく、その場で解決したい課題の相談や、今後新たに取り組みたい研究テーマの紹介などの話題提供も歓迎
します。これらの話題については、オンラインのポスター発表を計画しており、関連のある研究者に入室・サポート
していただけるよう調整します。また、Python解析ツールであるPySPEDASを利用した解析講習会も予定しています。

■ STE(太陽地球環境)現象報告会(9月27日、9月30日午前)
STE現象報告会は、複合系の科学をめざす宇宙天気の研究会です。実際の観測を題材にして、我々を取り巻く複雑な
自然を研究しています。今年度は、宇宙天気現象の予測精度向上に向け、直近の宇宙天気報告に加え既存研究の包括
的な講演や、新たな機器・手法による観測の試み・成果などの研究発表も募集します。時期、規模に関わらず、観測
した興味深い現象についての活発な議論を通し太陽地球系と宇宙天気を深く理解するための場を提供する研究集会を
目指します。

■ 宇宙空間からの地球超高層大気観測に関する研究会(9月28日午後、9月30日午前)
人工衛星、ロケットなど飛翔体による中間圏・熱圏・電離圏の観測は、地上観測と数値モデルとともに研究を構成す
る大きな柱の一つです。本集会では、宇宙空間からの地球超高層大気領域の観測について、今後10年以内と10年後以降
の観測実施に向けた議論を行います。
飛翔体観測の目指すべき科学目標、観測技術、地上観測・数値モデルとの連携、可能な衛星計画、などについての研
究発表を募集します。


中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究会世話人
新堀淳樹(名古屋大学)
藤本晶子(九州工業大学)
穂積 Kornyanat(情報通信研究機構)
冨川喜弘(国立極地研究所)
津田卓雄(電気通信大学)
中田裕之(千葉大学)
西岡未知(情報通信研究機構)

太陽地球系物理学分野のデータ解析手法、ツールの理解と応用研究集会世話人
田中良昌(国立極地研究所)
新堀淳樹(名古屋大学)
上野悟(京都大学)
今城峻(京都大学)
阿部修司(九州大学)

STE(太陽地球環境)現象報告会世話人
阿部修司(九州大学)
久保勇樹(情報通信研究機構)
西谷望(名古屋大学)
海老原祐輔(京都大学)

宇宙空間からの地球超高層大気観測に関する研究会世話人
齊藤昭則(京都大学)
大塚雄一(名古屋大学)

ページ先頭へもどる
2022年9月14日作成,2022年9月15日更新

一つ前のページへもどる

〒 611-0011 京都府宇治市五ヶ庄
TEL: 0774-38-3346 FAX: 0774-38-3600
E-mail: webmaster@rish.kyoto-u.ac.jp