menu

第479回生存圏シンポジウム
STE研究連絡会現象報告会および現象解析ワークショップ(第一回:宇宙天気現象の予測精度向上に向けて)

更新日: 2022/09/28

開催日時 2022(令和4)年9月27日(火)
開催場所 ハイブリッド(名古屋大学、オンライン)
申請代表者 阿部修司 (国際宇宙惑星環境研究センター)
所内担当者 海老原祐輔 (京都大学生存圏研究所生存科学計算機実験分野)
【ハイブリッド開催】【合同研究集会】2022年度第1回STE現象報告会(9/27)のお知らせ

概要:STE現象報告会は、複合系の科学をめざす宇宙天気の研究会です。実際の観測を題材にして、我々を取り巻く
複雑な自然を研究しています。直近に限らずこれまで観測した興味深い現象についての活発な議論を通して太陽地球
系と宇宙天気を深く理解するための場を提供します。

開催日時:2022年9月27日(火)

開催場所:ハイブリッド開催(名古屋大学、Zoomによるオンライン会議(URLは後日お送りします))

参加申し込み:
下記のウェブフォームより
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScFj9R8s3ZFENjbVez8MOTqjQqWeeX-G7RH73bGV9j_5raggw/viewform
※ 合同4研究集会(STE現象報告会、中間圏・熱圏・電離圏(MTI)研究集会、太陽地球系物理学分野のデータ解析手
法、ツールの理解と応用研究集会、宇宙空間からの地球超高層大気観測に関する研究会)共通のフォームです)

参加申し込み期限: 2022年9月16日(金)

研究集会のトピック:
(1)概況報告
直近の半年間(2022年3月~2022年9月)の現象の概況報告。
(2)現象報告
上記報告期間に限らず、興味を引く様々な現象の観測データ、シミュレーションデータ、独自の解析結果などの発表。
(3)話題提供、議論(特に、宇宙天気現象の予測精度向上に向けて)
最近得られた新たな知見や
発見、古いイベントの再解析、複数イベントの比較解析など。学生からシニアな研究者までが気軽に議論できる場の
提供。また、宇宙天気現象の予測精度向上に向けた、既存研究の包括的な講演や、新たな機器・手法による観測の試
み・成果などの研究発表。

プログラム

【座長:久保勇樹(NICT)】
13:00–13:20 宇宙天気長期変化の概況報告
〇篠原学(鹿児島工業高等専門学校)
13:20–13:40 期間概況報告
〇阿部修司(九大i-SPES)
13:40–14:00 地磁気現象概況報告2022年3月–2022年9月
〇吉田昌弘(気象庁地磁気観測所)
14:00–14:20 宇宙線中性子データ報告(2022年3月–9月)
〇渡邉堯
14:20–14:50 休憩
【座長:海老原祐輔(京大RISH)】
14:50–15:10 EE-indexに基づく赤道地磁気活動の概況報告
〇魚住禎司(九大i-SPES)、吉川顕正、阿部修司、藤本晶子
15:10–15:30 現象報告期間(2022.03–2022.09)における北海道-陸別第一・第二レーダーを始めとするSuperDARN観測報告
○西谷望(名大ISEE)、堀智昭
15:30–15:50 低速なICMEについて
〇亘慎一(NICT)
15:50–16:20 The Role of Flare-Driven Ionospheric Electron Density Changes on the Doppler Flash Observed by SuperDARN HF Radars
○S. Chakraborty (Bradley Department of Electrical and Computer Engineering, Virginia Tech, Blacksburg, VA, USA), N. Nishitani, L. Qian, J. M. Ruohoniemi, J. B. H. Baker, and J. M. Mclnerney

ページ先頭へもどる
2022年9月14日作成,2022年9月28日更新

一つ前のページへもどる

〒 611-0011 京都府宇治市五ヶ庄
TEL: 0774-38-3346 FAX: 0774-38-3600
E-mail: webmaster@rish.kyoto-u.ac.jp