Research Institute for Sustainable Humanosphere

第461回生存圏シンポジウム
HPCを活用した宇宙技術と地震防災
京大・JAXA・大阪工大・奈良女子大の共同研究成果報告会

開催日時 2021(令和3)年12月10日(金)13:15–17:00
開催場所 オンライン
申請代表者 中川貴文 (京都大学生存圏研究所生活圏木質構造科学分野)

主催:京都大学、宇宙航空研究開発機構、一般社団法人耐震性能見える化協会

目的および内容

日本は地震大国であり、世界で発生しているマグニチュード6以上の地震の約2割が、日本周辺で発生しております。耐震問題の様に、重要かつ困難な課題を解決するためには、建築分野だけでなく、異業種の様々な知恵を結集させる事が重要であり、また最新のシミュレーション技術、スーパーコンピュータ、大量データの統計・解析技術などを活用する事が重要となります。

今回の生存圏セミナーは、生存圏研究所が持つ木造建築倒壊解析ツール(wallstat)と、JAXAが持つ品質工学ツール(JIANT)およびスーパーコンピュータ(JSS3)を活用し、木造建築の部分耐震やデータ同化について取り組んだ事例についてご紹介します。また、今後の耐震問題への取り組みや、デジタル技術を活用した異業種連携の方向性などについて議論します。

案内

申込方法

下記URLもしくはちらしのQRコードから入力フォームにアクセスし、必要事項をご記入ください。1社で複数名のご参加も承ります。
https://forms.gle/JVF3obcvEnAZN6Z47

参加方法

招待URLは開催1週間前に代表のお申込者様宛にメールでご連絡いたします。

申込締切

12月3日(金)

お問合先

一般社団法人耐震性能見える化協会
TEL 03-5754-2421 Mail info@wallstat.jp

プログラム

13:15–13:20 開会のご挨拶
JAXA安全信頼性推進部部長 上森規光氏
13:20–14:20 1 HPCを用いた防災・減災研究の方向性
海洋研究開発機構付加価値情報創成部門部門長
東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻特任教授 堀宗朗氏
14:20–14:30 休憩
14:30–15:00 2 木造建築の耐震問題とシミュレーションの活用
京大生存圏研究所准教授 中川貴文氏
15:00–15:30 3 品質工学ツール(JIANT)の開発と木造建築耐震設計への適用
JAXA安全・信頼性推進部主任研究開発員 角有司氏
15:30–16:00 4 品質工学を用いた、木造建築のデータ同化手法の検討
京大生存圏研究所 難波宗功氏
16:00–16:10 休憩
16:10–17:00 5 パネルディスカッション(シミュレーションを利用した異業種連携のありかた)
(堀部門長、京大生存圏/大阪工大/JAXA)
閉会の挨拶
京大生存圏研究所教授 五十田博氏

Symposium-0461
ポスター PDF ファイル (1 905 047 バイト)

ページ先頭へもどる
2021年9月29日作成

一つ前のページへもどる