Research Institute for Sustainable Humanosphere

第454回生存圏シンポジウム
Plant Microbiota Research Network

開催日時 2021(令和3)年8月27日(金)
開催場所 オンライン
申請代表者 杉山暁史 (京都大学生存圏研究所森林圏遺伝子統御分野)

目的および内容

植物と相互作用する多種多様な微生物の総体を植物マイクロバイオータと呼ぶが、植物マイクロバイオータは植物の生長・生理・病理に大きく影響する。植物マイクロバイオータ研究は次世代シーケンサを用いた大規模なメタゲノム解析や、大量の微生物の培養とそのゲノム解析などによって「誰がそこにいるか」という疑問の答えはかなり理解が進んできたといえる。その一方で、これらの微生物が植物とどのように相互作用し、植物の生理にどうのように影響を与えているのか、また個々の微生物同士がお互いにどのように影響を与えあい、それが宿主植物との相互作用にどのように関与しているのかなど、その詳細な分子機構の理解へは至っていない。

本シンポジウムでは、森林科学、植物科学、微生物学、土壌学等、幅広い分野からの「マイクロバイオータ」という視点での講演とポスター発表を行うことにより、植物マイクロバイオータを広義に捉え、様々なレベルでの植物マイクロバイオータ研究について議論し、その俯瞰を試みる。

ページ先頭へもどる
2021年7月7日作成

一つ前のページへもどる