Research Institute for Sustainable Humanosphere

第452回生存圏シンポジウム
中間圏・熱圏・電離圏研究会

開催日時 2021(令和3)年9月28日(火)~30日(木)
開催場所 オンライン開催
申請代表者 藤本晶子 (九州工業大学)
所内担当者 横山竜宏 (京都大学生存圏研究所レーダー大気圏科学分野)

目的および内容

中間圏・熱圏・電離圏(Mesosphere, Thermosphere and Ionosphere; MTI)領域は、太陽や宇宙からの粒子及び電磁エネルギーの流入による影響に加え、下層大気から伝搬する大気波動などによって激しく変動する領域である。また同領域は、衛星測位に対する誤差要因など現代の社会基盤維持といった応用的な観点からも注目が高まっている。本研究集会は、上記のような MTI領域の特徴を意識し、この領域で生じている物理・化学過程の理解を深めること、および他の研究領域や社会への応用を俯瞰的に捉えることを目的とする。昨年度と同様にMTI分野の学生・若手研究者の育成の観点から、彼ら自身による研究発表と質疑応答の場を提供し、最新の研究成果を日本語で正確に発表するとともにその内容についての質疑応答時間を多くとる。それにより、彼らの研究の視野を広げ、研究内容の理解度を高める。そして。国内のMTI分野では地上観測を得意とする研究者が多いことから、衛星観測の将来計画に関する議論に加わることで、より幅広い視点から現在のプロジェクトの遂行、新たな研究プロジェクトの立案にむけた議論を行う。本年度の新しい試みとして、地球だけでなく他惑星に関連したMTI分野の発表を取り入れることによって、比較惑星学的見地に基づく広い意味でのMTI結合過程の理解を深める。また、MTI分野と密接な関わりを持つ申請中の研究集会「STE現象報告会」「宇宙空間からの地球超高層大気観測に関する研究会」「太陽地球系物理学分野のデータ解析手法、ツールの理解と応用に関する研究集会」と共同開催することにより、1.太陽地球環境の概況と現象の理解、2.太陽地球環境データ処理技術の習得とその問題解決、3.太陽地球大気環境変動に関するサイエンス成果創出を目指す。なお、4集会で3日間の日程を予定している。

ページ先頭へもどる
2021年7月6日作成

一つ前のページへもどる