Research Institute for Sustainable Humanosphere

第443回生存圏シンポジウム
RISH電波科学計算機実験シンポジウム(KDKシンポジウム)

開催日時 2021(令和3)年3月29日(月)~31日(水)
開催場所 オンライン開催
申請代表者 海老原祐輔 (京都大学生存圏研究所生存科学計算機実験分野)

目的および内容

KDK全国共同利用は宇宙圏・大気圏の電波科学および生存圏科学に関連した大規模計算機実験研究を主体とし、生存圏研究所ミッション1(環境計測・地球再生)、3(宇宙環境・利用)、5-3(日常生活における宇宙・大気・地上間の連関性)が関連している。KDK専門委員会で採択した研究課題の成果発表の場であるとともに、宇宙プラズマ、超高層・中層大気中の波動現象、宇宙電磁環境をはじめ生存圏科学に関する計算機実験等の講演も広く受け付け、最新の知見と情報を交換する場とする。同シンポジウムを2021年3月29~30日に開催する予定で、現在発表の申し込みを受け付けている。

ページ先頭へもどる
2020年12月1日作成

一つ前のページへもどる