Research Institute for Sustainable Humanosphere

第437回生存圏シンポジウム
イソプレノイド研究会

開催日時 2020(令和2)年9月25日(金)
開催場所 京都大学生存圏研究所木質ホールおよびオンライン
申請代表者 矢崎一史 (京都大学生存圏研究所森林圏遺伝子統御分野)

目的および内容

イソプレノイドは、メバロン酸経路あるいは非メバロン酸経路に由来するイソプレン単位の活性分子isopentenyl diphosphate (IPP) に由来する化合物の総称である。イソプレノイドには60,000種にもおよぶ化合物が含まれるが、例として人間生活に欠かすことのできない天然ゴム、主として香料として活用されるテルペン類など、産業上有用な化合物のほか、コレステロールやホルモン類、ビタミン類など生命維持に必須な化合物が挙げられる。微生物から動植物に至るあらゆる生命体において、こうした特徴的な生物・化学特性を示すイソプレノイド化合物が見出されるが、その合成経路や生理的役割に関して未解明な部分が多い。さらに、そもそも同定されていないイソプレノイド化合物も多数存在するものと推定されている。生命現象の理解に向けて複雑性に富むイソプレノイドを多角的に研究していくにあたり、関連領域の基礎的知見を分野融合的に共有し議論することが求められる。

そこで本研究会では、会員相互の交流および国際的な学術交流の場を提供することで、イソプレノイド化合物の合成経路や生理的役割の解明、ならびに未知のイソプレノイド化合物の同定を推進し、イソプレノイド関連領域における学術的進捗を図ることを目的とする。

ページ先頭へもどる
2020年9月9日作成

一つ前のページへもどる