Research Institute for Sustainable Humanosphere

第424回生存圏シンポジウム
令和元年度名古屋大学宇宙地球環境研究所研究集会
2019(平成31)年度・第2回STE(太陽地球環境)現象報告会(STE event report workshop)

開催日時 2020(令和2)年3月2日(月)
開催場所 九州大学西新プラザ(福岡市早良区西新2-16-23)
申請代表者 阿部修司 (九州大学国際宇宙天気科学・教育センター)
所内担当者 海老原祐輔 (京都大学生存圏研究所生存科学計算機実験分野)

案内

STE現象報告会は、複合系の科学をめざす宇宙天気の研究会です。実際の観測を題材にして、我々を取り巻く複雑な自然を研究しています。直近に限らずこれまで観測した興味深い現象についての活発な議論を通して太陽地球系と宇宙天気を深く理解するための場を提供します。また、今年度はオンライン(Zoom)による参加、発表も受け付けます(接続URLは後日連絡)。

日時:2020年3月2日(月)
   (2日夜に懇親会の予定です。会場は別途連絡します)
場所:福岡・九州大学西新プラザ
http://nishijinplaza.kyushu-u.ac.jp/

(1)概況報告:最近の現象の概況を報告します。

太陽活動は極小期の様相です。第25太陽周期の磁場極性を持った黒点も徐々に現れていますが、黒点相対数は少ないままで、無黒点日も多く見られます。X線フレア活動は非常に低調です。この半年間にCクラス以上のフレア、太陽高エネルギー粒子現象(プロトン現象)は発生していません。地球磁気圏では、小規模ですが高速太陽風に伴う磁気嵐がありました。

(2)現象報告

発生した現象の観測データ、シミュレーションデータ、独自の解析結果などの発表をお願いします。以下は直近半年の参考イベントです。報告はこれらに限らず、興味を引く様々な現象の報告・解析などを受け付けています。

1) 2019年09月の地磁気擾乱
太陽中心部のコロナホール
700 km/s程度の高速太陽風、−10 nT程度の南向きIMF
09/27 13UT– Dst減少(09/27 23UTに最小値:−49 nT)
09/28– 静止軌道高エネルギー電子の増加

2) 2019年10月の地磁気嵐
太陽中心部のコロナホール
700 km/s程度の高速太陽風、−10 nT程度の南向きIMF
10/24 11UT– Dst減少(10/25 09UTに最小値:−46 nT)
10/25– 静止軌道高エネルギー電子の増加

(3)話題提供、議論

最近得られた新たな知見や発見、来たる第25太陽周期の予測、また、卒業論文や修士論文の講演、古いイベントの再解析、複数イベントの比較解析などを受け付け、学生からシニアな研究者までが気軽に議論できる場を提供します。

参加申し込みについて

名古屋大学宇宙地球環境研究所のwebform
https://is.isee.nagoya-u.ac.jp/app-workshop/symposium2020/
からお願いします。連続した3研究集会(STE現象報告会、電磁圏物理学シンポジウム、地域ネットワークによる宇宙天気の観測・教育活動に関する研究集会)共通のフォームとなっています。
参加申し込みの期限は、2月15日(土) (厳守)です。皆様のご参加をよろしくお願いいたします。

問合せ先

  • 九州大学 国際宇宙天気科学・教育センター 阿部修司 abeshu at icswse.kyushu-u.ac.jp
  • 京都大学生存圏研究所 海老原祐輔 ebihara at rish.kyoto-u.ac.jp
  • 名古屋大学 宇宙地球環境研究所 西谷 望 nisitani at isee.nagoya-u.ac.jp
  • 情報通信研究機構 宇宙環境研究室 久保勇樹 kubo at nict.go.jp
  • 国立極地研究所 片岡龍峰 kataoka.ryuho at nipr.ac.jp

ページ先頭へもどる
2020年1月10日作成,2020年2月12日更新

一つ前のページへもどる