Research Institute for Sustainable Humanosphere

第412回生存圏シンポジウム
NDACC サイエンスワークショップ in つくば
NDACC Science Workshop in Tsukuba

開催日時 2019(令和元)年10月17日(木)~18日(金)
開催場所 つくば国際会議場会議室(2019年10月17日)
国立環境研究所/気象研究所/高層気象台(2019年10月18日)
申請代表者 中島英彰 (国立環境研究所)
所内担当者 塩谷雅人 (京都大学生存圏研究所大気圏環境情報分野)

目的および内容

NDACC(Network for the Detection of Atmospheric Composition Change)は、対流圏から中間圏の大気微量成分、エアロゾル、地表の紫外線量等、地球大気の物質組成およびそれに影響を及ぼす物理パラメターの観測をおこなう国際的な地上観測ネットワークである。1991年に発足し、70以上の観測ステーション、160以上の測器からの観測データを集約しコミュニティに提供している研究者のボランティア的な組織で、質の高いデータを継続的に取得するための活動を続けてきた。毎年NDACCの運営委員会がおこなわれているが、今年10月には1999年に札幌-陸別で開催されて以来20年ぶりに日本のつくばで開催される予定である。運営委員会には大気組成変動の地上観測と理論に関する世界第一線の研究者が集結するため、最新の観測データや観測/解析技術に関する最先端の動向を知る絶好の機会である。そこで、運営委員会開催の後、2日間にわたって日本の研究者が参加して科学成果および観測技術について運営委員会メンバーと情報交換し議論するための研究集会を開催する。NDACCデータを基にしたオゾンおよびオゾン層破壊物質の長期変動トレンドに関する研究成果、特に2018年に報告され大きな問題となったフロン(CFC11)排出量の予測値に対する増加傾向に関する追検証などの研究成果や、水蒸気および二酸化炭素等の人為的な温室効果ガスの長期変動に関する研究成果などを中心に、NDACCの公式測器としてデータを提供している国内の観測所(国立環境研究所、高層気象台、名古屋大学陸別・母子里観測所)における観測概要と各観測データから得られた最近の科学的成果等を紹介し情報交換を行うとともに、国内の各観測所のNDACC観測網における位置付けを確認しつつ将来計画についても議論する。

プログラム

October 17 (Thursday)

09:00 Departure of a bus from the hotel to NIES
09:15 Arrival at NIES (16-2 Onogawa, Tsukuba-City, Ibaraki, 305-8506 Japan)
09:30–09:40 Welcome speech
Chiho Watanabe (President, NIES)
09:40–09:45 Guidance about the workshop
Hideaki Nakajima (NIES)
09:45–10:00 D. Hurst (NOAA/CIRES)
Anomalously High Water Vapor in the Northern Hemisphere Middle Stratosphere during Early 2019
10:00–10:15 R. Weiss (SIO) and R. Prinn (MIT)
A Renewed Impetus for Expanding Global Trace-Gas Measurement Networks
10:15–10:30 P. Wang (CAS)
Atmospheric Composition Detection Activities over China
10:30–10:45 Coffee break
10:45–11:00 I. Morino (NIES)
Total Carbon Column Observing Network —Activities operated by Japanese organizations and satellite data validation with TCCON—
11:00–11:15 T. Matsunaga (NIES)
Latest status of GOSAT and GOSAT-2 project (tentative)
11:15–11:30 Y. Terao (NIES)
Ground-based greenhouse gas observations by NIES (tentative)
11:30–12:30 Lunch (at NIES)
12:30–12:45 T. Sakai (MRI, JMA)
Lidar Research at MRI
12:45–13:00 T. Nishizawa (NIES)
Aerosol and cloud observation using a network of ground-based lidars (AD-Net)
13:00–13:15 R. Niimi (Aerological Observatory, JMA)
Introduction of Aerological Observatory and Meteorological Instrument Center
13:15–13:30 M. Fujiwara (Hokkaido Univ.)
Some balloon sounding activities in Japan —SOWER, and contributions to SHADOZ and GRUAN
13:30–13:45 Coffee break
13:45–14:00 M. Shiotani
A Proposal for Satellite Observation of the Whole Atmosphere —Superconducting Submillimeter-Wave Limb-Emission Sounder (SMILES-2)
14:00–14:15 Y. Kanaya (JAMSTEC)
UV-vis Multi-Axis/Direct-sun DOAS observations around Japan and on Research Vessels
14:15–14:30 A. Mizuno (ISEE, Nagoya Univ.)
Research activity and instrumental development for microwave measurements at Nagoya University
14:30–14:45 T. Nagahama (ISEE, Nagoya Univ.)
Long-term monitoring of tropospheric and stratospheric trace gases using ground-based FTIRs in Japan
15:00–17:00 Site Visit at NIES
FTIR (Morino), Lidar (Nishizawa), GOSAT (Matsunaga), UV-B (Nakajima)
17:00 Departure of a bus from NIES to the hotel

October 18 (Friday)

09:00 Departure of a bus from the Okura Frontier Hotel Epochal to MRI
09:15 Arrival at MRI (1-1 Nagamine, Tsukuba, Ibaraki 305-0052, Japan)
09:15–09:45 Site Visit at MRI
Lidar (aerosol, water vapor, ozone) (Sakai, Nagai)
09:45 Move to Aerological Observatory
10:00–11:30 Site Visit at Aerological Observatory
Dobson, Meteorological Instrument Verification Center, Observation Field (Narita, Abo, Mori, Ueno)
11:30 Leave Aerological Observatory
11:45 Drop off some people at Tsukuba Center Station
12:00 Arrive at Okura Frontier Hotel Epochal

ページ先頭へもどる
2019年9月13日作成,2019年10月7日更新

一つ前のページへもどる