Research Institute for Sustainable Humanosphere

第402回生存圏シンポジウム
第16回持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム
—マイクロ波高度利用と先端分析化学—
第9回先進素材開発解析システム(ADAM)シンポジウム
—マイクロ波高度利用生存圏フラッグシップ共同研究—

開催日時 2019(令和元)年12月18日(水) 13:00–18:00
開催場所 京都大学生存圏研究所 木質ホール3階
主催者 京都大学生存圏研究所
申請代表者 渡辺隆司 (京都大学生存圏研究所バイオマス変換分野)
篠原真毅 (京都大学生存圏研究所生存圏電波応用分野)
所内担当者 渡辺隆司 (京都大学生存圏研究所バイオマス変換分野)

協賛:日本電磁波エネルギー応用学会

目的および内容

本シンポジウムは、ミッション2の太陽エネルギー変換・高度利用に関連した生存圏学際領域の開拓のために、昨年度開催した「第15回持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム」に続いて企画開催する。さらに昨年度に引き続き第8回先進素材開発解析システム(ADAM)シンポジウム—マイクロ波高度利用生存圏フラッグシップ共同研究も併催する。本年度は、マイクロ波応用の領域から招待講演者を招く。招待講演者、内部の教員、ミッション専攻研究員、大学院生による講演ならびに研究発表を行う。本シンポジウムは、生存圏フラッグシップ共同研究「バイオマス・物質変換のためのマイクロ波高度利用共同研究」の成果発表と活動指針を議論する役割を果たす。

生存圏研究所設立によって新しく生まれたマイクロ波プロセッシングによる新材料創生研究、バイオエタノール、バイオケミカルス生産研究など幅広い新しい応用研究を進展させるためには、様々な関連分野の研究者との連携が必要であり、本シンポジウムによる成果発表と情報交換、コミュニティー拡大に向けた活動の意義は高い。

問い合わせ先

〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄京都大学生存圏研究所
三谷友彦
0774-38-3880
mitani@rish.kyoto-u.ac.jp

入場無料
申し込み不要

プログラム

講演会(生存圏研究所木質ホール3階)
13:00–13:05 開会の辞
篠原真毅(京都大学生存圏研究所)
13:05–13:45 「不均一系高活性・高再利用性触媒の開発とマイクロ波を活用した有機変換反応への応用」
山田陽一(理化学研究所環境資源科学研究センター)
13:45–14:25 「デスクトッププラントの開発:フロー型マイクロ波合成装置と機械学習による条件最適化」
間瀬暢之(静岡大学グリーン科学技術研究所)
14:25–14:40 休憩
14:40–15:20 「宇宙で役立つ木材」
畑俊充(京都大学生存圏研究所)
15:20–16:00 「宇宙空間での持続的な木材利用を考える」
村田功二(京都大学大学院農学研究科)
16:00–16:15 休憩
16:15–16:45 ポスター発表者による1分間プレゼンテーション(予定)
16:45–16:50 講演会閉会の辞
渡辺隆司(京都大学生存圏研究所)
17:00–18:00 ポスターセッション(宇治おうばくプラザ2階ハイブリッドスペース)

Symposium-0402
ポスター PDF ファイル (2 094 756 バイト)

ページ先頭へもどる
2019年7月5日作成,2019年10月21日更新

一つ前のページへもどる