Research Institute for Sustainable Humanosphere

第387回生存圏シンポジウム
生存圏の高品位化を目指す最新の研究(男女共同参画との連携)

開催日時 2018(平成30)年11月30日(金)13:00–17:00
開催場所 京都アカデミアフォーラムin丸の内
申請代表者 金山公三 (京都大学生存圏研究所循環材料創成分野)

後援:
産総研コンソーシアム持続性木質資源工業技術研究会
一般社団法人日本木材学会
京都工芸繊維大学KIT男女共同参画推進センター
京都府立大学男女共同参画推進室
京都府立医科大学男女共同参画推進センター

どなたでもご参加いただけます。
定員120名(無料)
申し込み:1)氏名、2)メールアドレスあるいは電話番号をポスター記載の連絡先までご連絡下さい。

目的および内容

3年前に活動を始めた男女共同参画推進委員会は、2016(平成28)年度には宇治市の後援のもとに「男女共同参画による生存圏の特性向上の取組みの現状と今後」と題したシンポジウムを開催した。2017(平成29)年10月には、前年度参加の大学(京都工芸繊維大、京都府立大、京都府立医科大)の後援を得て「木質系材料の有効利用の最新技術(男女共同参画との連携)」と題したシンポジウムを開催し、産総研、奈良女子大学、名古屋大学、信州大学からの参加者とも新たな連携が始まった。

これまでの2回のシンポジウム開催によって他大学や研究機関との連携が進みつつあるので、2018(平成30)年には第3回のシンポジウムを開催し、研究と男女共同参画の課題を参加者と一緒に議論する場を提供し、新しい研究の創出と新しい価値観の創造と共有、男女共同参画が抱える問題解決の一層の推進を目指す。

プログラム

13:00–15:30 挨拶・講演・休憩

  1. 木材の老化について ~木の文化を支える木材の底力~
    松尾美幸(名古屋大学講師)
  2. 天然由来多糖類からの誘導体の合成とバイオプラスチック材料化
    榎本有希子(東京大学准教授)
  3. リグニン研究の未来と医学への応用を目指して
    相本理緒(京都府立医科大学大学院生)
  4. 構造用木質材料の高晶位化のための接着技術 ~北海道材を用いた構造材の開発~
    宮崎淳子(北海道立総合研究機構林産試験場研究主任)
15:30–17:00 講演

  1. セルロースナノファイバー ~未来の車は裏山で作る~
    矢野浩之(京大生存研教授)
  2. 木造住宅の耐震性能の見える化
    中川貴文(京大生存研准教授)
  3. 滅災から防災社会へ>
    岩田孝仁(静岡大学防災総合センターセンター長(教授))

Symposium-0387
ポスター PDF ファイル (3 269 769 バイト)

ページ先頭へもどる
2018年9月19日作成,2018年10月12日更新

一つ前のページへもどる