Research Institute for Sustainable Humanosphere

第383回生存圏シンポジウム
「成層圏・対流圏の諸過程と気候影響研究」に関する2018年総会

開催日時 2018(平成30)年9月30日(日)~10月5日(金)
開催場所 みやこめっせ(京都府京都市)
申請代表者 佐藤薫 (東京大学大学院理学系研究科)
所内担当者 塩谷雅人 (京都大学生存圏研究所大気圏環境情報分野)

総会に関する詳細: http://www-mete.kugi.kyoto-u.ac.jp/SPARC_GA2018/

目的および内容

「成層圏・対流圏の諸過程と気候影響研究」に関する総会は、WCRP (世界気候研究計画)の4つのコアプロジェクトの一つであるSPARC (Stratosphere-troposphere Processes And their Role in Climate)コミュニティが4年に1度開催する国際研究集会である。第1回目の1996年以来、当会議で第6回目をむかえ、これまでに地球温暖化やオゾンホールなどの気候問題に対して、広く成層圏から対流圏の大気力学、大気化学の研究成果が活発に報告・論議されてきた。過去に北米、南米、欧州、豪州などで本総会が開催されてきた。これまでの歴史として、SPARCコミュニティが中心的に位置づけてきた中層大気領域の学問の進展には日本人研究者が重要な役割を果たしており、国際的な役割を果たしてコミュニティに貢献するためにも、今回アジア地域ではじめての日本での開催には期待が寄せられている。

具体的に今回のSPARC 総会では次のようなテーマに関する研究成果について報告・議論がおこなわれる予定である。(1)大気の組成・化学と気象・気候との関連、(2)数週間から数十年スケールの気候予測、(3)気候変動に対する大気力学の役割、(4)熱帯域の諸過程と関連した大気影響と相互作用、(5)観測および再解析データセットの進展、(6)社会に対するSPARC の科学。

ページ先頭へもどる
2018年8月17日作成

一つ前のページへもどる