Research Institute for Sustainable Humanosphere

第378回生存圏シンポジウム
実験室宇宙・天体プラズマ物理学に関する研究集会

開催日時 2018年(平成30)8月20日(月)~21日(火)
開催場所 九州大学筑紫キャンパス
申請代表者 松清修一 (九州大学大学院総合理工学研究院)
所内担当者 大村善治 (京都大学生存圏研究所生存科学計算機実験分野)

目的および内容

高強度レーザーを用いた実験室宇宙物理学をはじめ、近年世界的に、実験室プラズマと宇宙・天体プラズマ分野での研究協力が急速に進んできている。国内では、既存の学会の垣根を越えた共同研究にならざるを得ないため、局所的な動きにとどまっているが、本研究集会を通じて、実験室宇宙・天体プラズマ物理学の現状と将来性について、多学会の研究者を広く集めて議論する。口頭講演は招待講演を中心とし、1講演あたり40分程度と長めの講演時間を設定して参加者の知見・理解を深める。予定している招待講演テーマは、宇宙で普遍的に観測・利用され、近年室内実験による研究も進んでいる、無衝突衝撃波、磁気リコネクション、プラズマ推進、プラズマ波動計測などで、基礎から応用まで多岐にわたる。一般講演はポスター講演を中心として、とくに学生・若手研究者が第一線の研究者と深く交流できる場を提供する。

本研究集会は、地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)波動分科会、日本学術会議URSI分科会プラズマ波動(URSI-H)小委員会との共催を予定している。

ページ先頭へもどる
2018年6月12日作成

一つ前のページへもどる