Research Institute for Sustainable Humanosphere

第375回生存圏シンポジウム
第23回国際植物脂質シンポジウム:セッション「二次代謝脂質」
The 23rd International Symposium on Plant Lipid (ISPL2018): Session “Secondary metabolic lipids”

開催日時 2018(平成30)年7月9日(月)
開催場所 横浜大さん橋ホール
申請代表者 矢崎一史 (京都大学生存圏研究所森林圏遺伝子統御分野)

Web site: The 23rd International Symposium on Plant Lipids
(第375回生存圏シンポジウムはこの中のシンポジウム番号3番で共催)

目的および内容

The 23rd International Symposium on Plant Lipid (ISPL2018)は、世界の植物脂質研究者が最新の研究成果を発表・討論する場として、第1回シンポジウム(1974年)以来、2年毎に開催されているものである。

植物油脂は長年、人類の食糧や産業原料としてわれわれの生活と深く関わってきたが、石油資源の枯渇が現実問題となってきた最近では、再生可能なバイオ燃料としても注目されている。この国際シンポジウムでは、植物に含まれる脂質の生合成や細胞内情報伝達,脂質バイオテクノロジーやバイオエネルギー研究など、植物脂質を柱としながらも、多角的なテーマについて最先端の研究成果が発表される場であり、生存圏研究所の掲げる、脱石油社会におけるエネルギー確保や植物による高品位生存圏などと非常に整合性が高い。ISPLが初めて日本で開催されるこの期に、一セッションを生存圏シンポジウムとして立てることは、研究所にとっても意義の高いものであると考える。

ページ先頭へもどる
2018年5月16日作成

一つ前のページへもどる