Research Institute for Sustainable Humanosphere

第368回生存圏シンポジウム
バイオエコノミーにおける持続可能社会、SDGs、パリ協定、バイオエコノミー、ESG投資(案)

開催日時 2018(平成30)年3月26日(月) 13:00–17:00
開催場所 京都大学東京オフィス (東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 10階)
申請代表者 柴田大輔 (公益財団法人かずさDNA研究所)
所内担当者 矢崎一史 (京都大学生存圏研究所森林圏遺伝子統御分野)

目的および内容

人類は食料の確保のために全エネルギーの約30 %を消費しており、そのエネルギーの大半が化石燃料に依存しているために、「食」の維持そのものが地球温暖化の一因となっている。農地において食料生産とエネルギー生産を両立させるというグリーンエネルギーファーム構想について、農学、工学、エネルギー及び経済学の専門家を交えて研究集会を公開で行い、技術開発の課題について議論し、次世代型の持続可能な農業モデルを示すことを目的とする。具体的には、京都大学附属農場での実証試験について紹介いただくとともに、農業を維持しながら再生エネルギーを生産するのに適した太陽電池の開発、得られた再生エネルギーを利用する技術、エネルギー効率の検証、安全面での配慮、周辺住民とのコミュニケーション、経済効率などについて、専門家による発表、議論を行う。

ページ先頭へもどる
2018年1月23日作成

一つ前のページへもどる