Research Institute for Sustainable Humanosphere

第365回生存圏シンポジウム
ナノセルロースシンポジウム2018
「CNF材料を俯瞰する —原料検討から自動車まで—」

開催日時 2018(平成30)年2月27日(火)
開催場所 京都テルサ
申請代表者 矢野浩之 (京都大学生存圏研究所生物機能材料分野)

主催:京都大学生存圏研究所、ナノセルロースフォーラム
共催:近畿経済産業局及び地方独立行政法人京都市産業技術研究所(部素材産業-CNF研究会)
後援(予定含む):紙パルプ技術協会、セルロース学会、(一社)日本木材学会

大型産業資材としてのセルロースナノファイバーの利活用には異分野との連携、マッチングが不可欠です。今回のシンポジウムでは、「CNF材料を俯瞰する —原料検討から自動車まで—」をテーマに、CNF材料の川上から川下まで、すなわち、NEDOリグノCNFプロジェクトとして進めている①CNF材料における原料適性の検討、②CNF強化樹脂材料の開発、③CNF材料の安全性評価法の開発と環境省ナノセルロースビークル(NCV)プロジェクトとして昨年度より始まった自動車部材へのCNF材料利用評価について最新の状況をご紹介致します。また、「部素材産業-CNF研究会」の成果発表を行うとともに、約40機関のブース出展及びポスター会場を別室に設け、充実した展示に努めます。多くの皆様のご来聴をお待ちしています。

なお、多くの機関の方にご参加いただけます様、今年度も申し込みは1機関3名までとさせていただきます。ご理解の程、よろしくお願い致します。

  • 日時:2018年2月27日(火)12時20分~18時10分(展示11時~;受付11時30分~)
  • 会場:京都テルサ テルサホール
      (京都市南区東九条下殿田町70番地京都府民総合交流プラザ内)
  • アクセス:JR京都駅 八条口より徒歩など
    <公共交通機関をご利用ください。>
    http://www.kyoto-terrsa.or.jp/

申込方法

下記Webからお申込みください。 (2018年1月10日午後1時から受付開始)
京都大学生存圏研究所生物機能材料分野 ホームページ
http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/labm/ncsympo2017

  • 定員600名(先着順・定員になり次第締め切ります。多くの機関の方にご参加いただけます様、1機関3名までとさせていただきます。ご理解の程、よろしくお願い致します。)
  • 対象どなたでも参加できますが、専門的な内容です。
  • 参加無料

◆セルロースナノファイバー(ナノセルロース材料)について詳しくお知りになりたい方は、下記ページをご覧ください。
http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/labm/cnf

プログラム

展示(ブース出展及びポスター展示)

11:00–12:05 会場:東館セミナー室(この時間帯は出展準備中のところもあります)
15:00–16:00 会場:東館セミナー室、ホールロビー

*シンポジウムの進行上、ブース出展はシンポジウム開始の15分前に終了します。

講演

11:30–12:20 シンポジウム受付(受付:テルサホールロビー)
12:20–12:30 開会挨拶
12:30–15:00 NEDOリグノCNFプロジェクト成果発表

  1. 木質系バイオマスの効果的利用に向けた特性評価
    • プロジェクトの概要と進捗
      (国研)森林総合研究所 林徳子氏
    • セルロースナノファイバーを用いたゲルインクボールペンの開発と今後の展開について
      三菱鉛筆(株) 宮崎祐一氏
  2. 高機能リグノCNF材料一貫製造プロセスの開発
    • プロジェクトの概要と進捗
      (大)京都大学生存圏研究所 矢野浩之氏
    • 京都プロセスにおける原料適性の評価(仮)
      王子HD(株) 岩崎裕次氏
    • CNF強化熱可塑性樹脂の製造と特性
      (地独)京都市産業技術研究所 仙波健氏
    • CNF強化熱可塑施氏樹脂材料の加工性と発泡成形
      (地独)京都市産業技術研究所 伊藤彰浩氏
    • CNF強化樹脂の実証設備稼働状況
      日本製紙(株) 佐々木健一郎氏
  3. セルロースナノファイバー安全性評価手法の開発
    • プロジェクトの概要と進捗
      (国研)産業総合技術研究所 梶原秀夫氏
    • 検出分析と暴露評価
      (国研)産業総合技術研究所 小倉勇氏
15:00–16:00 休憩(ブース出展及びポスター展示)
16:00–16:50 環境省NCVプロジェクトの取り組み

  • プロジェクトの概要と進捗
    (大)京都大学生存圏研究所 小尾直紀氏
  • セルロースナノファイバーを主成分とした板材料等の開発
    利昌工業(株) 奥村浩史氏
  • 植物繊維及びナノセルロースの自動車内装部品への適用
    トヨタ紡織(株) 羽柴正典氏
16:50–18:00 部素材産業-CNF研究会 ~経済産業省地域中核企業創出・支援事業~

  1. 部素材産業を核としたCNF実用化支援事業の活動について
    (地独)京都市産業技術研究所 北川和男氏
  2. 公設試勉強会の成果
    • 地域イノベーション戦略支援プログラムとCNFのソフトマターとしての応用と評価法
      富山県工業技術センター 岩坪聡氏
    • 化学修飾CNFを用いたプラスチック複合材料の開発
      滋賀県工業技術総合センター 大山雅寿氏
  3. 支援企業の事業展開
    • CNF/PP射出成形品の商品展開について
      (株)吉川国工業所 鈴木俊雄氏
    • 各種媒体中におけるCNF分散材の製造について
      (株)服部商店 中山芳和氏
18:00 閉会挨拶

ページ先頭へもどる
2017年12月19日作成,2017年12月22日更新

一つ前のページへもどる