Research Institute for Sustainable Humanosphere

第365回生存圏シンポジウム
ナノセルロースシンポジウム2018
「CNF材料を俯瞰する —原料検討から自動車まで—」

開催日時 2018(平成30)年2月27日(火)12:20–18:10
開催場所 京都テルサ テルサホール
(京都市南区東九条下殿田町70番地 京都府民総合交流プラザ内)
主催者 京都大学生存圏研究所、ナノセルロースフォーラム
申請代表者 矢野浩之 (京都大学生存圏研究所生物機能材料分野)
関連ミッション ミッション4 循環材料・環境共生システム
関連分野 製紙、化学、高分子、木材・木質材料、成形加工、食品、繊維、エレクトロニクス、自動車、家電、住宅、流通に関わる分野。

共催:近畿経済産業局及び地方独立行政法人京都市産業技術研究所(部素材産業-CNF研究会)
後援:紙パルプ技術協会、セルロース学会、(一社)日本木材学会

概要

多くの参加者が関心を寄せているセルロースナノファイバー(CNF)材料の社会実装に向けた最近の技術、取り組みを紹介した。また、35機関のブース出展及びポスター会場を別室に設け、例年以上に充実した展示を行った。

目的と具体的な内容

セルロースナノファイバー(CNF)は、植物繊維をナノサイズまでほぐした、次世代バイオマス素材である。鋼鉄と比較して5分の1の軽さで、その5倍以上の強度、また、ガラスの50分の1の低線熱膨張性など優れた力学的特性を有している。政府の『日本再興戦略』改訂2014および改訂2015に、CNF材料の開発推進が明記され、関連の研究開発がますます活発化している。今回のシンポジウムでは「CNF材料を俯瞰する‐原料検討から自動車まで‐」をテーマに、CNF材料の川上から川下まで、すなわち、NEDOリグノCNFプロジェクトとして進めている①CNF材料における原料適性の検討、②CNF強化樹脂材料の開発、③CNF材料の安全性評価法の開発と環境省ナノセルロースビークル(NCV)プロジェクトとして昨年度より始まった自動車部材へのCNF材料利用評価について最新の状況を紹介した。また、「部素材産業-CNF研究会」との連携による複数CNF原料の観察、試作結果発表を行うとともに、35機関のブース出展及びポスター会場を設け、例年以上に充実した展示を行った。

生存圏科学の発展や関連コミュニティの形成への貢献

セルロースナノファイバーの製造や利用に関わる最新の技術、事業化に向けた取り組み、政府の関連施策に興味を持つ幅広い分野から624名の参加者があった。その内の約6割は、製紙産業、化学産業、木材・木質材料産業、繊維産業、エレクトロニクス産業、自動車産業、家電産業、住宅産業、高分子成形加工業、食品産業、等々、産業界からの参加であった。セルロースナノファイバー材料がバイオマス由来の大型産業資材として、様々な分野から注目されていることがわかる。これまで14回にわたりセルロースナノファイバーの製造と利用に関する生存圏シンポジウムを開催してきたが、ここ数年は、500名を超える申込みがあり、今回も600名を超す参加者を得たことで、生存圏フラッグシップ共同研究として進めている、バイオナノマテリアル関連のコミュニティ形成に大きく貢献している。

プログラム

展示(ブース出展及びポスター展示)

11:00–12:05 会場:東館セミナー室(この時間帯は出展準備中のところもあります)
15:00–16:00 会場:東館セミナー室、ホールロビー

*シンポジウムの進行上、ブース出展はシンポジウム開始の15分前に終了します。

講演

11:30–12:20 シンポジウム受付(受付:テルサホールロビー)
12:20–12:30 開会挨拶
12:30–15:00 NEDO非可食性植物由来化学品製造プロセス技術開発事業成果発表

  1. 木質系バイオマスの効果的利用に向けた特性評価
    • プロジェクトの概要と進捗
      (国研)森林総合研究所 林徳子氏
    • セルロースナノファイバーを用いたゲルインクボールペンの開発と今後の展開について
      三菱鉛筆(株) 宮崎祐一氏
  2. 高機能リグノCNF材料一貫製造プロセスの開発
    • プロジェクトの概要と進捗
      (大)京都大学生存圏研究所 矢野浩之氏
    • 京都プロセスにおける原料適性の評価(仮)
      王子HD(株) 岩崎裕次氏
    • CNF強化熱可塑性樹脂の製造と特性
      (地独)京都市産業技術研究所 仙波健氏
    • CNF強化熱可塑施氏樹脂材料の加工性と発泡成形
      (地独)京都市産業技術研究所 伊藤彰浩氏
    • CNF強化樹脂の実証設備稼働状況
      日本製紙(株) 佐々木健一郎氏
  3. セルロースナノファイバー安全性評価手法の開発
    • プロジェクトの概要と進捗
      (国研)産業総合技術研究所 梶原秀夫氏
    • 検出分析と暴露評価
      (国研)産業総合技術研究所 小倉勇氏
15:00–16:00 休憩(ブース出展及びポスター展示)
16:00–16:50 環境省NCVプロジェクトの取り組み

  • プロジェクトの概要と進捗
    (大)京都大学生存圏研究所 小尾直紀氏
  • セルロースナノファイバーを主成分とした板材料等の開発
    利昌工業(株) 奥村浩史氏
  • 植物繊維及びナノセルロースの自動車内装部品への適用
    トヨタ紡織(株) 羽柴正典氏
16:50–18:00 部素材産業-CNF研究会 ~経済産業省地域中核企業創出・支援事業~

  1. 部素材産業を核としたCNF実用化支援事業の活動について
    (地独)京都市産業技術研究所 北川和男氏
  2. 公設試勉強会の成果
    • 地域イノベーション戦略支援プログラムとCNFのソフトマターとしての応用と評価法
      富山県工業技術センター 岩坪聡氏
    • 化学修飾CNFを用いたプラスチック複合材料の開発
      滋賀県工業技術総合センター 大山雅寿氏
  3. 支援企業の事業展開
    • CNF/PP射出成形品の商品展開について
      (株)吉川国工業所 鈴木俊雄氏
    • 各種媒体中におけるCNF分散材の製造について
      (株)服部商店 中山芳和氏
18:00 閉会挨拶
近畿経済産業局産業部長 志賀英晃氏
Symposium-0365a Symposium-0365b
Symposium-0365c

ページ先頭へもどる
2017年12月19日作成,2018年3月12日更新

一つ前のページへもどる