Research Institute for Sustainable Humanosphere

第358回生存圏シンポジウム
熱帯バイオマスの持続的生産利用 —熱帯荒 廃草原におけるバイオマスエネルギー生産と環境回復— (生存圏フラッグシップシンポジウム)
Producing Biomass Energy and Material through Revegetation of Deteriorated Grass Fields

開催日時 2017(平成29)年11月16日(木)~17日(金)
開催場所 京都大学生存圏研究所
申請代表者 梅澤俊明 (京都大学生存圏研究所森林代謝機能化学分野)

目的および内容

申請者らは、インドネシアを含む東南アジア諸国に広く存在する荒廃草原(アランアラン草原など)の環境回復とバイオマス生産農地への転換、及び得られたバイオマスをエネルギーおよび新規材料として利用するための基盤技術開発を目的として、かずさDNA研究所、京都大学大学院農学研究科及びインドネシア科学院と共に、JICA/JSTのSATREPSプロジェクトを開始した。またこれは、熱帯バイオマスフラッグシッププロジェクトの一環の活動でもある。具体的には、名古屋議定書の内容を尊重しつつ、遺伝子解析に基づく土壌肥料学技術を用い、アランアラン草原における植物相の回復を図る。また、代謝工学技術を駆使し、アランアラン草原に植栽することを目的とした高発熱型イネ科バイオマス植物を開発すると同時に、環境調和型接着技術を駆使し、同植物を活用した新規木質材料を開発する。そして、上記の研究成果に基づき、民間企業との連携による木質ペレット燃料生産及び環境配慮型内装用木質ボード生産の社会実装に向けた展開を目指す。本研究集会では、本プロジェクトの成果並びに関連諸分野の最近の進展を踏まえ、持続的なバイオマス生産と利用に関する今後の方向性について総合的に討論する。

ページ先頭へもどる
2017年9月15日作成

一つ前のページへもどる