Research Institute for Sustainable Humanosphere

第344回生存圏シンポジウム
The 15th Workshop on Technical and Scientific Aspects of MST Radar
(第15回MSTレーダーワークショップ)

開催日時 2017(平成29)年5月27日(土)~31日(水)
開催場所 東京都立川市 情報・システム研究機構国立極地研究所
主催者 京都大学生存圏研究所・国立極地研究所・名古屋大学宇宙地球環境研究所
申請代表者 山本衛 (京都大学生存圏研究所レーダー大気圏科学分野)
関連ミッション ミッション1 環境診断・循環機能制御
ミッション3 宇宙生存環境
関連分野 地球物理・気象・気候・リモートセンシング・情報通信。

Webページ: http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/mst15/

概要

本研究集会では、大気レーダーに関する最新の科学技術について、研究成果が発表された。参加者は19ヵ国から計182名(国外120名、国内62名)であり、参加機関は計84(国外66、国内18)であった。大気レーダーに関連するハードウェア・信号処理技術・観測科学成果などの発表・議論・情報交換に留まらず、EISCAT関連研究者と電離圏研究のより活発な議論を行うことができた。

目的と具体的な内容

本国際研究集会MSTレーダーワークショップ(正式名称: Workshop on Technical and Scientific Aspects of MST Radar)は、大気レーダーに関する最新の科学技術について、研究成果の発表ならびに情報・意見交換することを目的として、第1回が1983年に米国で開催され、その後2~3年毎に各国で開催されてきた。第4回MSTレーダーワークショップを1988年に京都大学超高層電波研究センター(現 生存圏研究所)主催で京都で開催して以来、今回は29年ぶりの日本での開催である。前回より、ワークショップで扱う範囲がISレーダーによる電離圏研究にも拡大されており、今回は18th EISCAT Symposium(主催: 国立極地研究所)と併催し、両ワークショップ/シンポジウムで計15のセッション(内、6つの合同セッション)を設け、146件の口頭発表(内、招待講演31件)及び87件のポスター発表が行われた。参加者は19ヵ国から計182名(国外120名、国内62名)であり、参加機関は計84(国外66、国内18)であった。大気レーダーに関連するハードウェア・信号処理技術・観測科学成果などの発表・議論・情報交換に留まらず、EISCAT関連研究者と電離圏研究のより活発な議論を行うことができた。また、開催日程を千葉県幕張で開催されたJpGU-AGU Joint Meetingの直後に設定したことから、これまで参加していなかった研究者が新たに参加したケースもあり、新たな共同研究への発展、コミュニティの拡大に繋げることができた。

生存圏科学の発展や関連コミュニティの形成への貢献

本研究集会は、生存圏研究所が掲げる5つのミッションのうち、主としてミッション1「環境診断・循環機能制御」及びミッション3「宇宙生存環境」に、また生存圏アジアリサーチノード及び生存圏フラッグシップの「赤道ファウンテン共同研究」に関連するものである。生存圏研究所では、生存圏科学の重要地域の一つとして低緯度赤道域に注目し、大気科学の分野において、長年に渡ってインドネシアとの研究協力を進め、赤道大気レーダーを設置しインドネシア航空宇宙庁(LAPAN)との協力のもとで運営している。また、信楽MU観測所はMUレーダーによる観測に留まらず、他機関から多くの観測装置が持ち込まれ、大気観測研究の実験場としての利用が広がっている。本研究集会では、MUレーダー・赤道大気レーダーの研究成果を含む国内外の大気レーダー研究に関する研究活動の活発な議論が展開された。

特記事項

研究集会の翌日(6月1日)にはオプショナルツアーとして、信楽MU観測所の見学ツアーを実施した。遠方にも関わらず、29名もの外国人が見学に訪れた。

また、6月2日にも研究集会に参加していたEISCAT(欧州非干渉散乱レーダー)科学協会長らが信楽MU観測所を来訪した。

プログラム

詳細: http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/mst15/MST15-EISCAT18-Program.pdf

May 26 (Fri)

11:00–12:40 Chair: Michael Rietveld
Session E5: Active experiments
13:45–15:30 Chair: Stephan Buchert
Session E6: The ERG mission and magnetosphere-ionosphere coupling
15:45–17:40 Chair: Ian McCrea and Hitoshi Fujiwara
Session E7: Space weather and modelling

May 27 (Sat)

09:00–12:45 Chair: Marco Milla and Hitoshi Fujiwara
Session E3: Ionoshere/thermosphere/mesosphere
Session M3: Ionospheric irregularities and IS experiments
13:45–17:30 Chair: Yoshimasa Tanaka and Baiqi Ning
Session E3: Ionoshere/thermosphere/mesosphere
Session M3: Ionospheric irregularities and IS experiments
18:00–19:30 Poster session

May 29 (Mon)

09:00–14:15 Chair: Craig Heinselman and Ralph Latteck
Session E1: Radar and lidar techniques
Session M1: Radar hardware, signal processing, quality control for coherent and incoherent radars
14:15–17:30 Chair: Hiroshi Miyaoka and Juha Vierinen
Session E2: Future infrastructure and facilities (EISCAT_3D user meeting)
Session M2: New radar/radio systems and future MST plans
19:00–21:00 Banquet

May 30 (Tue)

09:00–10:15 Chair: Hiroshi Miyaoka and Juha Vierinen
Session E2: Future infrastructure and facilities (EISCAT_3D user meeting)
Session M2: New radar/radio systems and future MST plans
[Parallel Session 1]
10:45–12:25 Chair: Akira Kadokura
Session E4: Aurora and airglow
12:25–14:30 Chair: Keisuke Hosokawa
Session E4: Aurora and airglow
14:30–17:20 Chair: Joel Younger and Vania Fatima Andrioli
Session M7: Radar detection of meteors
[Parallel Session 2]
10:30–15:00 Chair: Gerald Lehmacher and Hubert Luce
Session M4: MST Radar scattering, turbulence and small-scale processes
15:00–17:30 Chair: Volker Lehmann and Yoshiaki Shibagaki
Session M5: Meteorology and forecasting/nowcasting
18:00–19:30 Poster session

May 31 (Wed)

09:00–10:00 Chair: Volker Lehmann and Yoshiaki Shibagaki
Session M5: Meteorology and forecasting/nowcasting
10:00–17:30 Chair: Iain Reid and M. Venkat Ratnam
Session M6: Middle atmosphere dynamics and structure
18:00–19:30 Chair: Erhan Kudeki and Wayne Hocking
Session M8: Brainstorming

ページ先頭へもどる
2017年4月20日作成,2017年7月31日更新

一つ前のページへもどる