Research Institute for Sustainable Humanosphere

第344回生存圏シンポジウム
第15回MSTレーダーワークショップ
The 15th Workshop on Technical and Scientific Aspects of MST Radar

開催日時 2017(平成29)年5月27日(土)~31日(水)
開催場所 東京都立川市 情報・システム研究機構国立極地研究所
申請代表者 山本衛 (京都大学生存圏研究所レーダー大気圏科学分野)

Webページ: http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/mst15/

目的および内容

本研究集会は、大気レーダーに関する最新の科学技術について、研究成果の発表ならびに情報・意見交換することを目的としている。第1回が1983年に米国で開催され、その後2~3年毎に各国で開催されており、日本では1988年に京都大学超高層電波研究センター(現 生存圏研究所)が主催して京都で開催されたのみである。前回より、ワークショップで扱う範囲がISレーダーによる電離圏研究にも拡大されており、同時期に開催を計画していた18th EISCAT Symposium (主催: 国立極地研究所)と調整を行い、一部のセッションを協同開催することにした。また、海外からの参加者に配慮し、千葉市幕張メッセで開催される日本地球惑星科学連合(JpGU)とアメリカ地球物理学連合(AGU)とのJoint Meetingの直後に開催するため、開催場所を国立極地研究所とした。これにより、例年よりも海外からの参加者が増えることが予想され、我が国レーダー大気科学研究の成果を広く発表でき、本分野の国際交流を進め、国際的貢献に繋がると期待される。

本研究集会は、世界10数カ所に存在するMST/ISレーダーに関係する研究者が一堂に会する唯一のワークショップであり、科学的成果だけでなく、ハードウェア・信号処理など工学技術までをもカバーすることが特色の一つである。我が国は大気レーダーの分野を世界的にリードしてきた。京都大学は1984年に滋賀県甲賀市信楽町にアクティブ・フェーズドアレイアンテナを用いた世界初の大気レーダーであるMUレーダーを完成させ、2001年に赤道大気レーダーをインドネシアに建設するなど、この分野のパイオニアとして活躍してきた。2012年には国立極地研究所が中心となって南極昭和基地にPANSYレーダーの設置を始め、2015年にフルシステムによる観測が開始されている。2015年にはMUレーダーがIEEEマイルストーンに認定され、また現在、赤道MUレーダーやEISCAT_3Dの新規建設が計画されている。本ワークショップが2017年に日本で開催されるのは絶好のタイミングである。

ページ先頭へもどる
2017年4月20日作成

一つ前のページへもどる