Research Institute for Sustainable Humanosphere

第343回生存圏シンポジウム
「生存圏アジアリサーチノード(ARN)」国際シンポジウム

開催日時 2017(平成29)年7月19日(水)~21日(金)
開催場所 京都大学宇治キャンパス宇治おうばくプラザ
申請代表者 吉村剛(京都大学生存圏研究所居住圏環境共生分野)

Webページ: http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/news/arn_2/

目的および内容

生存圏研究所では、生存圏科学の国際化推進のため、2016(平成28)年度にインドネシアに「生存圏アジアリサーチノード(ARN)」を設置し、国内研究者コミュニティーと海外研究者コミュニティーを連接させる新たな活動を開始しました。本研究集会は、ARNのハブ機能の強化を目的として、国内外の共同研究者を糾合した国際シンポジウムです。具体的には、2017(平成29)年7月にアジア諸国、欧米諸国、日本国内の様々な研究機関から共同研究者や大学院生を招聘し、ARN の機能を活用した共同研究や生存圏科学の国際展開と教育を議論する150名規模の国際シンポジウムを実施することで、新たな国際共同研究の発掘と国際研究コミュニティーの拡大、国際的な若手人材の育成、ARN機能の拡大を同時に達成します。

ページ先頭へもどる
2017年4月20日作成

一つ前のページへもどる