Research Institute for Sustainable Humanosphere

第221回生存圏シンポジウム
地球環境科学における分野横断研究の最前線
—分野横断研究のためのe-infrastructureとサイエンスへの応用—

開催日時 2013/02/28(木) - 2013/03/01(金)
開催場所 京都大学生存圏研究所 木質ホール3階
主催者 田中良昌 (国立極地研究所)
申請代表者 田中良昌 (国立極地研究所・特任助教)
所内担当者 津田敏隆 (京都大学生存圏研究所大気圏精測診断分野)
関連ミッション ミッション 1 (環境計測・地球再生)
関連分野 地球惑星科学,地球電磁気学,気象学。

場所: 京都大学生存圏研究所 木質ホール3階

http://www.iugonet.org/meetings/2013-02-27_03-01.html

目的と具体的な内容

生存圏科学の推進においては、分野横断的なアプローチが必要不可欠であり、そのためには地球環境に関する様々な観測データを総合的に解析するしくみが必要である。これまで、国立極地研究所や京都大学生存圏研究所が関わる大学間連携研究(略称: IUGONET)では、超高層大気、太陽、地磁気、気象に関する多様なデータのメタデータデータベースや、効率的な総合解析を行うための解析ソフトウェア等のインフラ(e-infrastructure)整備を行ってきた。

本研究集会では、日本における様々なデータベース開発を行っている研究者とこれらデータシステムを利用している研究者が集い、地球環境科学における分野横断型研究の最新成果、並びに、その研究基盤となるインフラ開発の現状・将来計画などについて意見交換、情報共有を行った。さらに、近年ホットな話題となっているデータサイテーションや著者 ID について、専門家による招待講演を行い議論した。これらは、将来的にデータプロバイダーやデータベース開発者を適切に評価する仕組みとなることが期待される。

生存圏科学の発展や関連コミュニティの形成への貢献

本研究集会により、地球環境科学の研究者に、研究に利用可能な観測データや解析ツールなどに関する最新情報を得る機会を提供できた。具体的な例としては、IUGONET が開発したツールを利用することにより、生存圏研究所等が所有するデータの国内外での利活用を促進できることが示された。また、NICT のサイエンスクラウドや WDS (World Data System)、DIAS 等の日本における他のデータ活動グループの情報を得ることができ、今後の研究協力についても議論した。これにより、生存圏科学や関連コミュニティの形成に貢献できたと考えている。

本テーマに関心をもつ研究者情報、すなわち参加者の連絡先等の情報を収集できたので、集会案内や生存圏科学に関する諸資料を送付するなど、今後の共同研究の推進のために活かしていきたいと考えている。特に、2013 年 3 月の WDS 国内小委員会や 5 月の日本地球惑星科学連合大会のセッション開催についても、本研究集会で得た人脈により、効果的に関係者と意見交換をすることができ、主催者である IUGONET の継続的な活動のためにも大きなメリットがあったと考えている。

プログラム

1日目: 2月28日 (木)

13:00–13:05 開会の辞
津田敏隆
13:05–13:10 趣旨説明
谷田貝亜紀代
   セッション1. (座長: 谷田貝亜紀代)
13:10–13:25 IUGONETプロジェクト 平成24年度成果報告
谷田貝亜紀代 (京大)
13:25–13:40 IUGONETメタデータの作成とアーカイブの状況
智昭 (名大)
13:40–14:00 IUGONETシステムの進捗と今後
阿部修司 (九大)
14:00–14:20 IUGONET解析ソフトウェア報告
田中良昌 (極地研)
 
14:20–14:40 休憩
 
   セッション2. (座長: 小山幸伸)
14:40–15:10 学術情報に関する識別子の動向 (招待講演)
武田英明 (国情研)
15:10–15:40 学術情報のための著者識別子と著者同定 (招待講演)
圭 (国情研)
 
15:40–16:00 休憩
 
   セッション3. (座長: 堀智昭)
16:00–16:20 柔軟なデータ基盤のためのデータモデルとインデックスフリーなアクセス方法
池田大輔 (九大)
16:20–16:40 ICSU-WDS、および日本の科学データシステムを考える
村山泰啓 (NICT)
16:40–17:00 異分野科学データベースの横断的利活用技術
是津耕司 (NICT)
17:00 1日目終了

 

2日目: 3月1日 (金)

   セッション4. (座長: 阿部修司)
09:00–09:20 超高層物理学分野における観測データのメタデータDBと著者IDの連携に関する調査
小山幸伸 (京大)
09:20–09:40 NICTサイエンスクラウドの現状とこれからの計画
村田健史 (NICT)
09:40–10:00 データ統合解析システム(DIAS)におけるメタデータ
絹谷弘子 (東大)
 
10:00–10:20 休憩
 
   セッション5. (座長: 田中良昌)
10:20–10:40 地磁気現象に関わる統計的調査 —日本における巨大地磁気誘導電流の可能性について
泰拓 (気象庁)
10:40–11:00 Possible Solar Wind influence on Geomagnetic Pulsations and Earthquake events
Jusoh M. H (九大)
11:00–11:20 太陽画像データに基づく、太陽紫外線放射量の活動周期変動の推定 —第23/24太陽周期極小期の異常な振る舞い—
歩 (京大)
11:20–11:40 地磁気日変化に見られる超高層大気の長期変動について
新堀淳樹 (京大)
 
11:40–13:00 昼休み
 
   セッション6. (座長: 新堀淳樹)
13:00–13:20 Characteristics between the equatorial electrojet and neutral wind
阿部修司 (九大)
13:20–13:40 Relation between the local equatorial electrojet and global Sq current
N. S. A. Hamid (九大)
13:40–14:00 成層圏力学過程を通した太陽活動の地上への影響
小寺邦彦 (名大)
14:00–14:20 力学的な物質輸送を3次元に記述するロスビー波と重力波両者に適用可能な方程式系の導出
木下武也 (NICT)
14:20–14:40 大気環境変動の統計解析システムの開発に関する研究
濵口良太 (京大)
 
14:40–15:00 休憩
 
   セッション7. (座長: 八木学)
15:00–15:20 低緯度熱圏中性風のサブストーム依存性
智昭 (名大)
15:20–15:40 オーロラ帯/サブオーロラ帯トラフの時空間変動の研究
石田哲朗 (極地研)
15:40–16:00 Coupling of electrons and inertial Alfven waves in the top-side ionosphere
Run Shi (九大)
16:00–16:20 THEMIS衛星-地上同時観測データを用いた脈動オーロラの研究
佐藤夏雄 (極地研)
16:20–16:40 グローバルMHDシミュレーションとSuperDARNから得られる電離圏電位分布の比較
才田聡子 (ROIS)
16:40 2日目終了

 

一つ前のページへもどる