Research Institute for Sustainable Humanosphere

第140回生存圏シンポジウム
SGEPSS波動分科会 「相対論プラズマシンポジウム」

開催日時 2010/03/08(月) 13:00–19:00 - 2010/03/09(火) 9:00–18:00
開催場所 九州大学筑紫キャンパス総合研究棟 (C-cube) 303講義室(福岡県春日市)
主催者 地球電磁気・地球惑星圏学会波動分科会
申請代表者 羽田亨 (九州大学総理工)
所内担当者 橋本弘蔵 (京都大学生存圏研究所生存圏電波応用分野)
関連ミッション ミッション 3 (宇宙環境・利用)
関連分野 プラズマ波動、超高層物理学、惑星科学、太陽圏科学、天文学、計算機シミュレーション、強光度レーザー実験。

目的・内容

宇宙プラズマ波動が深く関係する学際的研究分野のひとつである「相対論的プラズマ」について、主に天文分野における専門家を講師として招き、当該分野の基礎的なイントロダクションから最新のトピックまでを詳解してもらうことで、相対論的プラズマの面白さを知り、宇宙プラズマ波動研究の新たな可能性を探るとともに、参加者間の学際的交流のきっかけとすることを目的とする。

7 名の講師による各 1.5 時間の講演を通じて、異分野間交流にふさわしく幅広い観点からのさまざまなレベルの議論が展開された。高エネルギー天体からの、種々の放射過程や粒子(宇宙線)加速過程、相対論的な各種プラズマ不安定性などの物理が議論されたほか、地上・衛星観測や数値シミュレーション、強光度レーザーを用いた室内実験などの研究手法についての議論も行われた。

プログラム

3月8日(月)

13:00–14:30 柴田晋平 (山形大)
パルサー磁気圏の構造 ~非中性プラズマにおける粒子加速~
15:00–16:30 浅野勝晃 (東工大)
宇宙の極限的プラズマとしてのガンマ線バースト
17:00–18:30 小出眞路 (熊本大)
ブラックホール磁気圏プラズマ

 

3月9日(火)

9:00–10:30 大平豊 (大阪大)
高エネルギー天体現象での無衝突プラズマ不安定性
11:00–12:30 山崎了 (広島大)
超新星残骸での粒子加速と銀河宇宙線の起源
14:00–15:30 佐野孝好 (大阪大)
降着円盤における磁気回転不安定
16:00–17:30 蔵満康浩 (大阪大)
Laboratory Experiment of Cosmic Ray Acceleration due to an Incoherent Wakefield Induced by an Intensive Laser Pulse

一つ前のページへもどる