Research Institute for Sustainable Humanosphere

第139回生存圏シンポジウム
第6回持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム
—バイオマス変換とマイクロ波応用—

開催日時 2010/03/04(木) 13:00–17:40
開催場所 京都大学生存圏研究所 木質ホール3階
主催者 渡辺隆司、橋本弘蔵 (京都大学生存圏研究所)
申請代表者 渡辺隆司、橋本弘蔵 (京都大学生存圏研究所)
関連ミッション ミッション 2 (太陽エネルギー変換・利用)
関連分野 マイクロ波物理学・化学、バイオマス変換学。

目的・内容

マイクロ波を利用した物理および化学反応の実例を例示するとともにその反応機構に関する議論をおこない、さらに電力送電や木質バイオマス前処理におけるマイクロ波の応用に関しての知見を深め、情報交換をおこなうことを目的とする。

プログラム

13:00 開会
13:10 招待講演1 松村 竹子 (ミネルバライトラボ)
「マイクロ波と物質のコラボレーションから生まれるグリーンサステナブル化学技術 —マイクロ波化学の歴史と展望—」
13:50 招待講演2 佐藤 元泰 (核融合科学研)
「マイクロ波加熱の物性学的機構 —最新の仮説について—」
14:30 休憩
14:40 招待講演3 三浦 正勝 (元・産総研)
「木材のマイクロ波熱分解」
15:20 講演 橋本 弘蔵 (京大生存研)
「宇宙太陽発電所とマイクロ波電力伝送の地上応用に関する話題」
15:40 講演 大代 正和 (京大生存研)
「バイオエタノール生産のための木質バイオマスマイクロ波前処理法の開発」
16:00 講演 西村 裕志 (京大生存研)
「選択的白色腐朽菌によるリグニン分解~木質バイオマスの微生物変換」
16:20 講演 畑 俊充 (京大生存研)
「シリコン系木質炭素複合材料の電気的・熱的特性」
16:50 休憩
17:00 総合討論 (司会: 渡辺 隆司、コメンテーター: 村田製作所/京大生存研 石川 容平)
17:40 閉会

 

Symposium-0   ポスター PDF ファイル (1 900 735 バイト)
ポスター制作: 熨斗千華子 (京都大学)
編集: 大橋康典 (京都大学生存圏研究所)

 

一つ前のページへもどる