Research Institute for Sustainable Humanosphere

第134回生存圏シンポジウム
第5回MUレーダーシンポジウム

開催日時 2010/01/19(火) 10:30–18:30 - 2010/01/20(水) 9:30–17:00
開催場所 京都大学宇治キャンパス 宇治おうばくプラザ
申請代表者 古本淳一 (京都大学生存圏研究所大気圏精測診断分野)
関連ミッション ミッション 1 (環境計測・地球再生)
関連分野 超高層物理学、気象学、レーダー工学

目的・内容

信楽 MU 観測所は 1982 年に設置され、1984 年に完成した VHF 帯大気観測用大型レーダーである MU レーダーを中心として全国・国際共同利用を行ってきている。本シンポジウムは本共同利用により得られた研究成果について報告・議論することを目的とし約 5 年に一度開催されている。

MU レーダー共同利用は年間に約 50 件の課題が実施されており、特に近年は、2004 年に導入された MU レーダー観測強化システムを活用した新しい観測手法の研究が積極的に推進されている。本研究集会ではこうした各共同利用研究の最新の成果報告および議論が行なわれた。

プログラム

1月19日

10:30–10:40 開会の辞
10:40–11:00 MUレーダー全国国際共同利用の現状
11:05–11:35 MUレーダーの生い立ち
加藤進
11:35–11:50 MUレーダーで観測される対流圏ケルビン・ヘルムホルツ不安定波の形態学的研究
深尾昌一郎,H. Luce,山本真之,妻鹿友昭,橋口浩之,山本衛
11:50–12:05 空間・周波数多チャンネル干渉計観測による対流圏3次元イメージング
西村耕司,佐藤薫,佐藤亨,和田誠
12:05–12:20 大気レーダー・RASSによる気温、水蒸気の微細構造観測
古本淳一,津田敏隆
 
12:20–14:00 MUレーダー全国国際共同利用委員会
 
14:00–14:15 MUレーダー観測に基づいた前線帯擾乱の鉛直構造に関する研究
柴垣佳明,橋口浩之,東邦昭,山中大学,深尾昌一郎
14:15–14:30 梅雨後期の近畿地方における線状降水帯形成に見られるマルチスケール的様相
東邦昭,清原康友,山中大学,柴垣佳明,楠田雅紀,藤井健
14:30–14:45 対流圏自由大気中の乱流と拡散の観測
堀口光章,福井哲央,植田洋匡
14:45–15:00 京都大学における可搬型小型大気レーダーの開発
橋口浩之,津田敏隆,山本衛,山本真之,古本淳一,深尾昌一郎,佐藤亨,山中大学,中村卓司,浜津享助,渡邉伸一郎,今井克之
15:00–15:15 大気境界層観測用レンジイメージング・ウィンドプロファイラーの開発
森谷祐介,橋口浩之,山本真之,妻鹿友昭,山本衛,今井克之,足立アホロ,中里真久,田尻拓也,柴垣佳明,H. Luce
15:15–15:30 GNU Radioを用いたウィンドプロファイラー用デジタル受信機の開発
脇阪洋平,橋口浩之,山本衛,山本真之,森谷祐介,妻鹿友昭,今井克之,足立アホロ,柴垣佳明
 
15:30–15:45 休憩
 
15:45–16:00 信楽MU観測所周辺域における物質交換・輸送・混合過程の精密測定
東邦昭,古本淳一,橋口浩之,津田敏隆
16:00–16:15 信楽観測サイトにおける森林水文観測計画について
戎信宏,高瀬恵次
16:15–16:30 MUレーダーと衛星放送電波の同時観測結果について
前川泰之,柴垣佳明
16:30–16:45 Xバンド、Kaバンドレーダを用いた降雨・雲観測装置の概要
大東雄二
16:45–17:00 沖縄偏波降雨レーダによる改良型バイスタティック降雨観測実験
川村誠治,花土弘,杉谷茂夫,中川勝広
 
17:00–17:15 休憩
 
17:15–17:30 インドネシアにおける下部対流圏水平風 ~ウィンドプロファイラネットワーク観測と客観解析データの比較~
田畑悦和,橋口浩之,山本真之,山本衛,山中大学,森修一,Fadli Syamsudin, Timbul Manik
17:30–17:45 RASS observations with the Gadanki MST
T. V. Chandrasekhar Sarma, Toshitaka
17:45–18:00 南極昭和基地大型大気レーダー(PANSY)のパイロットレーダー運用
堤雅基,佐藤薫,佐藤亨,中村卓司,斉藤昭則,冨川喜弘,西村耕司,山岸久雄,山内
 
18:00–18:30 総合討論
 
18:45–20:45 懇親会@レストランきはだ

 

1月20日

9:30–  9:45 MUレーダー超多チャンネルイメージングによる電離圏不規則構造の研究
斎藤享
9:45–10:00 中緯度電離圏におけるE領域F領域相互作用と中規模波動の生成
山本衛
10:00–10:15 The terminator effect in the ionospheric temperature
Huixin Liu, M. Yamamoto
10:15–10:30 The neutral wind effect of Weddell Sea Anomaly in the ionosphere
陳佳宏,斉藤昭則,Charles Lin
 
10:30–10:45 休憩
 
10:45–11:00 中緯度域電離圏における中規模伝搬性電離圏擾乱の特性
齊藤昭則
11:00–11:15 中規模伝搬性電離圏擾乱のMUレーダー・光学・GPS観測
大塚雄一,塩川和夫,小川忠彦,斉藤昭則,山本衛
11:15–11:30 ディジタル受信機を用いたプラズマバブル広域監視法の開発
斎藤享
11:30–11:45 低軌道衛星とGPS衛星のTECデータを用いた中緯度域のTEC増大現象の研究
五井紫,齊藤昭則,西岡未知
 
11:45–12:45 昼食
 
12:45–13:00 超高層大気イメージングシステム(OMTIs)とMUレーダーによる熱圏・中間圏の観測
塩川和夫,大塚雄一,小川忠彦
13:00–13:15 大気光イメージャ・MUレーダー・ナトリウムライダーによる中間圏大気重力波の同時観測
鈴木臣,中村卓司,江尻省,堤雅基,塩川和夫,川原琢也
13:15–13:30 Long–term variability of atmospheric tides and gravity waves in the MLT region studied using MF and Meteor radar observations
NN. Venkateswara Rao and T. Tsuda
13:30–13:45 共鳴散乱ライダーによる中緯度MLT領域の温度とナトリウム層の観測
江尻省、中村卓司、川原琢也
 
13:45–14:00 休憩
 
14:00–14:15 2次元中性大気モデルを用いた下層大気起源の大気擾乱の数値実験
松村充,品川裕之,家森俊彦
14:15–14:30 日食や地震・台風に伴う地表-電離圏重力音波共鳴
家森俊彦・松村充・田中良和・富澤一郎・他多数
14:30–14:45 2009年7月22日の日食イベント:国内イオノゾンデ・GPS全電子数観測結果
津川卓也,加藤久雄,久保田実,品川裕之
14:45–15:00 MU radar observations of solar eclipse induced mid-latitude plasma irregularities
Smitha V. Thampi, Mamoru Yamamoto, Huixin Liu, Susumu Saito and Amit Kumar Patra
 
15:00–15:15 休憩
 
15:15–15:30 MUレーダー流星モードと光学観測によるMLT領域の空間構造の研究
中村卓司,堤雅基,江尻省,鈴木臣,川原琢也,塩川和夫,W. Ward
15:30–15:45 しし座流星群のMUレーダーによる観測
渡部潤一ほか
15:45–16:00 GPS同期バイスタティックMUレーダー流星エコー観測による流星軌道推定に関する研究
藤原康徳,濱口佳之,上田昌良,中村卓司,堤雅基,阿保真
16:00–16:15 MUレーダーによる流星軌道の観測 —マルチスタティック観測と25chヘッドエコー観測—
宮本英明,寺澤敏夫,中村卓司,吉田英人,臼居隆志,藤原康徳,濱口佳之
 
16:00–16:15 休憩
 
16:15–16:30 Advances in meteor head echo analysis
Johan Kero, Csilla Szasz,Takuji Nakamura,Toshio Terasawa, Hideaki Miyamoto, Koji Nishimura
16:30–16:45 Long-term meteor head echo observations with the Shigaraki MU radar
Csilla Szasz, Johan Kero, Takuji Nakamura, Toshio Terasawa, Hideaki Miyamoto, David D. Meisel
16:45–17:00 超高エネルギー宇宙線空気シャワーからのMUレーダー・エコー検出実験
寺澤敏夫,浅野勝晃,中村卓司,佐川宏行,福島正己,吉田英人,宮本英明,吉田龍生,本田健,河崎善一郎,山崎了

 

Symposium-0134 ポスター PDF ファイル (1 396 327 バイト)
ポスター制作: 許田健一 (京都精華大学デザイン学部ビジュアルデザイン学科グラフィックデザインコース 3年)

 

一つ前のページへもどる