Research Institute for Sustainable Humanosphere

第124回生存圏シンポジウム
「持続的生存圏の構築に向けて」
“Towards Establishment of Sustainable Humanosphere”
(生存圏科学スクール “Humanosphere Science School”)

開催日時 2009/03/26(木) - 2009/03/27(金)
開催場所 LIPIチビノン生物材料研究センター講堂 (インドネシア共和国チビノン)
主催者 京都大学生存圏研究所・グローバルCOEプログラム「生存基盤持続型の発展を目指す地域研究拠点」・インドネシア科学院 (LIPI)
申請代表者 山本衛 (京都大学生存圏研究所レーダー大気圏科学分野)
関連ミッション ミッション 1 (環境計測・地球再生)
ミッション 2 (太陽エネルギー変換・利用)
ミッション 3 (宇宙環境・利用)
ミッション 4 (循環型資源・材料開発)
関連分野 地域研究。

主催者代表: Bambang Subiyanto, Wahyu Dwianto (LIPI)

目的・内容

生存圏研究所は東南アジア研究所他との共同でグローバル COE プログラム「生存基盤持続型の発展を目指す地域研究拠点」を 2007(平成19)年度より実施中である。生存圏科学の国際的かつ多面的な発展を目的として、昨年度に引き続いて「生存圏科学スクール: 持続的生存圏の構築に向けて」を共同開催した。従来の木質科学に関する講義に加えて、宇宙開発、気象レーダー、アジア・アフリカにおける地域研究等極めて多様な話題提供が特徴となっている。本年度も 17 名の講師を迎え、合計 93 名が参加し 2 日間にわたって活発な議論が交わされた。本研究所、LIPI、グローバル COE プログラム等による国際研究集会の共同開催は、研究協力体制の維持発展に資するところも大であり、今後も継続の予定である。

関連分野

地域研究。

プログラム

26 March 2009 (Thursday)

  1. Dr. Taizo Wada, CSEAS, “Towards the development of Humanosphere index —From the view point of Human Development Index—”
  2. Dr. Takahiro Sato, CSEAS, “Towards the development of Humanosphere index —Application of Ecological Footprint—”
  3. Prof. Hiroshi Yamakawa, RISH, “Spacecraft Dynamics for Observing and Utilizing Space Environment”
  4. Mr. Yoshikazu Tabata, RISH, “Wind profiler radar observations over Indonesian Maritime Continent”
  5. Dr. Chunaeni Latief MSc., LAPAN, “Design of the CO2 Instrument: Vertical profile and surface”
  6. Waluyo Eko Cahyono, Drs/ Sumaryati, MT, LAPAN ,“Study of Air Pollution Dispersion Model and Its Application”
  7. Mr. Joko Sulistiyo, RISH, “Anisotropic Thermal Behavior of Porous Carbonized Wood Based Composites for Thermal Management Application of Solar Power Satellite”
  8. Prof. Endang Sukara, LIPI —Biodiversity

 

27 March 2009 (Friday)

  1. Prof. Yuji Imamura, RISH, “Development of efficient and cyclic utilization of wood resources for sustainable humanosphere”
  2. Dr. Takahisa Hayashi, RISH, “Bioethanol Revolution”
  3. Dr. Kenji Umemura, RISH, “Wood-based Materials and Wood Adhesives —Recent trend and research introduction—”
  4. Prof. Dr. Peter E. Hehanussa, LIPI, “The Water Cycle and Carbon Cycle, how much are they Inter-related?”
  5. Dr. Zaenal Abidin, Research Associate of Ehime University dan Dept. of Chemistry, Bogor Agricultural University, “Silicon cycle for zero emission society”
  6. Dr. Takayo Soma, CSEAS, “How introduced plant species influence the ecology of an endemic primate —The case of Ring-tailed lemur (Lemur catta) at Berenty Private Reserve, Madagascar”
  7. Ms. Asami Kabasawa, CSEAS, “Chimpanzee Conservation and Sanctuaries in West Africa”

一つ前のページへもどる