Research Institute for Sustainable Humanosphere

第95回生存圏シンポジウム
地球惑星流体の数値モデルの柔軟な開発の枠組に関する研究集会

開催日時 2008/03/10(月) 9:30~ - 2008/03/12(水) ~18:00
開催場所 京都大学宇治キャンパス(総合研究実験棟HW525および宇治地区本館HS109)
主催者 神戸大学理学研究科 林祥介
申請代表者 林祥介 (神戸大学理学研究科)
所内担当者 堀之内武 (京都大学生存圏研究所大気圏精測診断分野)
関連ミッション ミッション 1 (環境計測・地球再生)
関連分野 地球流体力学、気象学、海洋学、気候学、惑星科学。

目的・内容

本研究集会は、地球・惑星の流体(大気など)の諸側面を幅広くカバーする大規模数値モデルの開発を推進するため、最新動向の紹介と、数値モデルソースコードの論理的な書法確立にむけての討議を目的として開催した。数値モデリング・計算手法、開発されている数値モデル群の紹介から、得られるデータの解析・可視化・データベース化まで、幅広く紹介・討議・情報交換が行われた。最終日にはデータ処理のためのチュートリアルセミナーを開催した。

プログラム

3月10日

   セッション: 数値計算法・数値モデルの最近の動向
9:30–12:45
  • 石岡圭一 (京都大学) 「x86 な CPU 上での FFT の高速化について」
  • 光田千紘 (北海道大学) 「惑星大気数値モデルにおける放射計算スキームの作成」
14:00–15:30
  • 寺田直樹 (情報通信研究機構) 「惑星電磁圏モデルの現状と今後の展望」
   セッション: 地球流体電脳倶楽部 dcmodel プロジェクト
15:45–17:00
  • 石渡正樹 (北海道大学) 「地球流体電脳倶楽部 dcmodel プロジェクトとは」
  • 森川靖大 (神戸大学) 「惑星大気モデル dcpam の開発現状
  • 杉山耕一朗 (九州大学) 「非静力学モデル deepconv の開発現状」
17:15–18:15
  • 森川靖大 (神戸大学) 「RDoc による数値モデルドキュメント作成: 解説とチュートリアル」
18:15–18:30 総合討論

 

3月11日

   セッション: データ解析・可視化
9:30–11:30
  • 乙部直人 (福岡大学) 「3D グラフィックのマンマシンインターフェース」
  • 水田亮 (気象研究所) 「Ruby データ解析・可視化ツール群を集積するサイト」
  • 大塚成徳 (京大・理) 「電脳 Ruby ツール群の Ruby 最新開発版への対応」
   セッション:データベース・Web・可視化
13:00–15:00
  • 堀之内武 (京大RISH) 「Gfdnavi の展開」
  • 西澤誠也 (京大・理) 「Gfdnavi の改良および新機能について」
  • 伴林晃紀 (京大RISH) 「データから産生される知見のデータベース化と数値データとの相互利用」
15:30–17:30
  • 渡辺知恵美、重川美咲子 (お茶の水女子大) 「Gfdnavi における探索的検索」
  • 渡辺知恵美、齋藤真衣 (お茶の水女子大) 「対話的な絞込み操作を考慮した P2P による地球流体データアーカイブサーバの横断検索」
  • 来見真理 (奈良女子大) 「Webベースでの3D可視化に向けて」
17:30–18:30 総合討論+話題提供 (データ解析・可視化・データベース・ネットワーク)

 

3月12日

   チュートリアルセミナー「地球惑星流体データ解析における Ruby の利用」
講師: 西澤誠也、堀之内武、水田亮、神代剛、大塚成徳、中野満寿男、佐々木洋平
9:00–11:00 インストール、準備
参考 http://ruby.gfd-dennou.org/tutorial/install/index-j.html
http://www.gfd-dennou.org/arch/davis/gfdnavi/doc/
http://www.gfd-dennou.org/arch/davis/gfdnavi/doc/TUTORIAL2.htm
11:00–12:30 Ruby 基礎 (データ解析と可視化に使うという観点からの)
教材 http://ruby.gfd-dennou.org/tutorial/gokuraku/
13:30–15:30 GPhys チュートリアル (Ruby による多次元データのデータ解析可視化)
教材 http://ruby.gfd-dennou.org/products/gphys/tutorial/
16:00–18:00 Gfdnavi チュートリアル (Webベースのデータベース、解析、可視化サーバー構築)

 

Symposium-0095   ポスター PDF ファイル (2 645 338 バイト)
ポスター制作: 熨斗千華子 (京都大学)

 

一つ前のページへもどる