Research Institute for Sustainable Humanosphere

第72回生存圏シンポジウム
木質ラーメン構造の現状と今後の課題

開催日時 2007/06/20(水) 11:00–17:40
開催場所 京都大学生存圏研究所 木質ホール3階
主催者 京都大学生存圏研究所
申請代表者 小松幸平 (京都大学生存圏研究所生活圏構造機能分野)
関連ミッション ミッション 4 (循環型資源・材料開発)
関連分野 建築、木質材料、木材メーカー、住宅メーカー、設計事務所。

後援: (株)建築技術 木質構造研究会

目的・内容

木質ラーメン構造は、造り付け車庫や大きな居間を可能とするなど、自由度の大きい木構造として注目を集めている。本研究集会では、この分野において精力的に研究を進めている講師を一堂に集め、木質ラーメンの最新情報の解説と今後の課題について話し合った。

プログラム

11:00–11:10 開会挨拶
川井秀一 (京大生存研)
11:10–11:40 木質ラーメンの現状と構造の考え方
菊池重昭 (西日本工大)
11:40–12:10 木質ラーメンに用いる材料
林知行 (森林総研)
13:10–13:40 木質ラーメンの接合部の剛性と耐力
小松幸平 (京大生存研)
13:40–14:10 木質ラーメンの構造設計ルート
大橋好光 (武蔵工大)
14:10–14:40 木質ラーメンの構造計画
腰原幹雄 (東大生産研)
14:50–15:20 木質ラーメンの挙動解析
稲山正弘 (東大)
15:20–15:50 木質ラーメンと耐力壁の併用について
五十田博 (信州大)
15:50–16:20 木質ラーメンの構造設計に望むこと
槌本敬大 (国総研)
16:30–17:30 質問・総合討論
17:30–17:40 閉会挨拶
今村祐嗣 (京大生存研)
 
18:00–19:30 意見交換会

 

Symposium-0072   ポスター PDF ファイル (4 524 828 バイト)
ポスター制作: 熨斗千華子 (京都大学)

 

一つ前のページへもどる