Research Institute for Sustainable Humanosphere

第63回生存圏シンポジウム
平成18年度RISH電波科学計算機実験シンポジウム
(KDKシンポジウム)

開催日時 2007/03/12(月) 13:30~ - 2007/03/13(火) ~12:00
開催場所 3月12日: 京都大学生存圏研究所生存圏科学セミナー室 (HW525) 3月13日: 京都大学生存圏研究所遠隔会議室 (HW401, 402)
主催者 京都大学生存圏研究所
申請代表者 臼井英之 (京都大学生存圏研究所生存科学計算機実験分野)
関連ミッション ミッション 1 (環境計測・地球再生)
ミッション 3 (宇宙環境・利用)
関連分野 生存科学計算機実験分野、生存圏電波応用分野、宇宙圏電波科学分野。

目的・内容

数値シミュレーションは、様々な研究分野において非常に重要な研究手法の一つである。本シンポジウムは、個々の研究課題成果の発表だけでなく、生存圏科学の発展において数値シミュレーションがどのような役割を果たすことができるか、また、生存圏科学の中のどのような分野において数値シミュレーションが求められているかを模索、議論する絶好の機会であり、生存圏科学の推進という観点からも重要であると考える。

KDK 全国共同利用は宇宙圏・大気圏の電波科学および生存圏科学に関連した大規模計算機実験研究を主体とし、ミッション 1 および 3 が関連している。専門委員会で公募・採択された研究課題の成果発表の場でありその他の計算機実験研究の講演も広く受け付けた。

プログラム

3月12日

13:30–13:35 はじめに
臼井英之 (京都大学生存圏研究所)
13:35–14:05 宇宙プラズマにおける連結階層シミュレーション
杉山徹 (地球シミュレータセンター)
14:05–14:35 Vlasov simulation techniques
梅田隆行 (名古屋大、STEL)
14:35–15:05 Density fluctuations induced by modulational instability of parallel Alfven waves
Y. Nariyuki and T. Hada (九州大学、総理工)
15:05–15:15 休憩
15:15–15:45 大電流、強磁場条件における高速弱電離プラズマの 3 次元解析
石川本雄 (筑波大学)
15:45–16:15 ホイスラーモード・コーラス放射の生成機構に関する計算機実験
加藤雄人 (東北大)、大村善治 (京大 RISH)
16:15–16:45 インドシナ半島を横断した台風 USAGI の数値シミュレーション (1)
里村雄彦 (京都大学・理)
16:45–17:15 Overview of Magnetoplasma Sailing Research
山川宏 (京大 RISH)

 

3月13日 ポスターセッション

  1. 生体高分子の分子シミュレーション
    田中文男
  2. EAR データを用いた層状降水域での鉛直流の解析
    西憲敬
  3. 異常気象の発生メカニズムと予測可能性に関する数値的研究
    近本喜光
  4. 宇宙機用断熱材料 (PTFE) 内の電荷蓄積挙動シミュレーション
    渡邉力夫
  5. 光電子放出環境下における衛星搭載電界アンテナのインピーダンス特性評価
    三宅洋平
  6. NuSPACE によるれいめい衛星のプラズマ環境シミュレーション
    岡田雅樹
  7. Basic analysis of the spacecraft charging with three-dimensional electrostatic plasma simulation
    今里康二郎
  8. 磁気圏 MHD シミュレーションを用いた静止軌道プラズマ環境予測
    中村雅夫
  9. MHD 相互作用を伴う再突入流れの数値シミュレーション
    吉野智之
  10. 磁気プラズマセイルにおける推進メカニズムの電磁流体解析
    西田浩之
  11. 高速磁気再結合過程で生成される三次元プラズモイドの構造
    清水徹
  12. MPD スラスタによるプラズマジェットに関する数値計算
    窪田健一
  13. Computer experiments on space plasmas perturbation caused by a spatial gradient of intence EM beam intensity
    中本成洋
  14. 衛星搭載電界センサの低周波特性解析
    八木谷聡
  15. Disintegration of interplanetary Alfven waves and the formation of magnetic decrease structures
    坪内健
  16. Study on electromagnetic wave instabilities driven by temperature anisotropy of ions
    小路真史
  17. Test Particle Simulations on Relativistic Turning Acceleration of Electrons by Whistler mode Waves in the Radiation Belt
    古家直樹
  18. Electromagnetic Ion cyclotron Waves driven by an ion beam
    湯銘
  19. Development of a 3D EM-PIC magnetron simulator
    浦西洋輔
  20. 辺要素有限要素解析のための並列代数マルチグリッド法に関する検討
    美舩健
  21. Collaborative 3-D Volume Communication System and Its Application to e-Science of Geo-Space Physics
    村田健史
  22. 兒島淳一郎

 

Symposium-0063n   ポスター PDF ファイル (2 188 373 バイト)
ポスター制作: 熨斗千華子 (京都大学)

 

一つ前のページへもどる