Research Institute for Sustainable Humanosphere

第60回生存圏シンポジウム
第11回MSTレーダーワークショップ
(MST11 Workshop on Technical and Scientific Aspects of MST Radar)

開催日時 2006/12/11(月) - 2006/12/15(金)
開催場所 Gadanki/Tirupati, India
主催者 National Atmospheric Research Laboratory (NARL), Department of Space, Govt. of India   Indian Space Research Organisation (ISRO), Department of Space, Govt. of India  京都大学生存圏研究所 他
申請代表者 Prof. D. Narayana Rao (NARL)
所内担当者 津田敏隆 (京都大学生存圏研究所大気圏精測診断分野)
関連ミッション ミッション 1 (環境計測・地球再生)
関連分野 大気環境計測、大気圏科学、レーダー技術開発。

目的・内容

大気レーダーに関する最新の科学技術について、研究成果の公表ならびに情報・意見交換することを目的として MST レーダーワークショップ第 11 回会議が 2006 年 12 月 11–15 日にインドで開催された。開会式にはインドの A. P. J. Abdul Kalam 大統領が出席し、1 200 名が参加するなかで大統領による特別講義が行われた。ワークショップは以下の 6 つのセッションにより行われた。(1) Radar scattering processes in the atmosphere, (2) Ionospheric processes, (3) Instrumentation, Technical and signal processing, (4) Meteorology with Atmospheric Radars, (5) Mean winds, radar temperatures, waves, tides (including CAWSES), (6) Atmospheric forcing and mixing (all levels)。総論文数は 320 (口頭 136 件、ポスター 170 件)であった。

プログラム

  1. Radar Scattering processes in the atmosphere
    Main Session Organizers (MSOs) A. Muschinski and P. Chilson
  2. Ionospheirc processes
    MSOs. J. Chau and E. Kudeki
  3. Instrumentation, Technical and signal processing
    MSOs. J. Roettger and Toru Sato
  4. Meteorology with Atmospheric Radars
    MSOs. G. Nastrom ando D.Narayama Rao
  5. Mean winds, Radar temperatures, waves, tides (including planetary waves), all altitudes (MST)
    MSOs. W. K. Hocking and W. Singer
  6. Atmospheric Forcing and Mixing (all levels)
    MSOs. T. Tsuda and S. Gurubaran

 

Symposium-0060   ポスター PDF ファイル (3 998 894 バイト)
ポスター制作: 11th MST Organizing Committee

 

一つ前のページへもどる