Research Institute for Sustainable Humanosphere

第26回生存圏シンポジウム
木の文化と科学 V
—先人に学ぶ木の利用—

開催日時 2006/02/11(土) 13:30–17:20 - 2006/02/12(日) 9:30–15:00
開催場所 京都大学百周年時計台記念館 国際交流ホール I
所内担当者 伊東隆夫 (京都大学生存圏研究所バイオマス形態情報分野)
関連ミッション ミッション 1 (環境計測・地球再生)
ミッション 4 (循環型資源・材料開発)
関連分野 考古学、史学。

目的・内容

遺跡木材の同定に関する自然科学的な手法と、考古学的立場からの木材遺物の重要性の討論を通して、文理融合的な遺跡木材科学を立ち上げる。

プログラム

2月11日 遺跡の木材を総合学で研究する

13:30 挨拶
川井秀一 (京都大学生存圏研究所長)
13:35 「木の文化と遺跡の木材」
伊東隆夫 (京都大学生存圏研究所)
14:10 「木製品と木造施設」
山田昌久 (首都大学東京)
14:45 「遺跡出土木材の年輪から年代を読む」
光谷拓実 (奈良文化財研究所)
15:20 休憩
15:35 「森林植生と木材利用」
能城修一 (森林総合研究所)
16:10 「森林生態と民俗植物学」
湯本貴和 (総合地球環境学研究所)
16:45 「出土木材の保存技術」
中川正人 (滋賀県文化財保護協会)
17:20 閉会
伊東隆夫

 

2月12日 考古学から分かった木の利用史

9:30 縄文時代の木の利用: 福井県鳥浜貝塚
網谷克彦 (敦賀短期大学)
10:05 「弥生時代の木の利用: 岡山県南方遺跡」
扇崎由 (岡山市教育委員会)
10:40 休憩
10:50 「古墳時代の木の利用: 木製威儀具の時代」
鈴木裕明 (橿原考古学研究所)
11:25 「古代の木の利用: 兵庫県袴狭遺跡を中心に」
藤田淳 (兵庫県教育委員会)
12:00 昼休み
13:20 「中世から近世へ: 愛知県における井戸材」
鈴木正貴 (愛知県埋蔵文化財センター)
13:55 総合討論
15:00 閉会
伊東隆夫

 

Symposium-0026 ポスター PDF ファイル (5 528 869 バイト)
ポスター制作: Mechtild Mertz

 

一つ前のページへもどる