Research Institute for Sustainable Humanosphere

第24回生存圏シンポジウム
森を取り戻すために

開催日時 2005/12/26(月) 10:00–15:00
開催場所 京都大学百周年時計台記念ホール
所内担当者 林隆久 (京都大学生存圏研究所森林圏遺伝子統御分野)
関連ミッション ミッション 1 (環境計測・地球再生)
関連分野 樹木バイオテクノロジー分野。

目的・内容

東南アジアでは外貨を得るために森林の乱伐が進み、早生樹を植林した人工林を経済林と定義し、経済と森林資源の両立に努めているのが現実である。わが国をはじめとする多くの国に木材を輸出しており、持続的に木材を生産することが求められている。経済性の高い木材の生産のためにも、バイオテクノロジーを駆使した樹木の実用化は極めて有力な方策である。現在ある経済林の生産性・経済性を上げることは、天然林を守り生物多様性を保全することにつながる。

そこで、生存圏研究所シンポジウムを京都大学時計台ホールで開催した。炭素固定能の高い樹木や経済性の高い樹木を創出するために、樹木バイオテクノロジーの可能性を論じた。

プログラム

10:00–10:05 挨拶
川井秀一 (生存研所長)
10:05–10:15 はじめに
林隆久 (生存研)
10:15–10:50 バイオテクノロジーがわが国の樹木改良を変える
近藤禎二 (林木育種センター)
10:50–11:25 ユーカリゲノム情報に基づく優良品種の作出
日尾野隆 (王子製紙)
11:25–12:00 糖鎖分解酵素の導入による形態調節機構の解析
馬場啓一 (生存研)
12:00–13:00 昼食
 
13:00–13:35 樹木の冬季(低温)誘導性遺伝子の機能解析
藤川清三 (北大院農)
13:35–14:10 樹木バイオの実用化を目指して
海老沼宏安 (日本製紙)
14:10–14:45 ポプラ葉緑体形質転換技術開発
富澤健一 (RITE)
14:45–15:00 総合討論
林隆久

Symposium-0024 ポスター PDF ファイル (1 683 128 バイト)

一つ前のページへもどる