Research Institute for Sustainable Humanosphere

第22回生存圏シンポジウム
木の文化と科学 III
—中国と日本における人と木—

開催日時 2005/11/21(月) 14:00–16:15
開催場所 京都大学百周年時計台記念館 国際交流ホール I
所内担当者 伊東隆夫 (京都大学生存圏研究所バイオマス形態情報分野)
関連ミッション ミッション 1 (環境計測・地球再生)
ミッション 4 (循環型資源・材料開発)
関連分野 考古学、植物学、木材科学。

目的・内容

フランス CNRS の「木の文化」に関する権威、メタイエ博士から、中国ならびにアジアの民族、文化と植物との関わりについて話題提供をしていただき、日本とアジアのつながりについて考える。

プログラム

14:15–14:20 挨拶
今村祐嗣 (京都大学生存圏研究所 学際萌芽センター長)
14:20–14:25 はじめに
伊東隆夫 (京都大学生存圏研究所)
14:25–16:10 招待講演
Georges Metailie (パリ自然史博物館)
16:10–16:15 閉会
Mechtild Mertz (京都大学生存圏研究所)

 

Symposium-0022 ポスター PDF ファイル (4 314 708 バイト)
ポスター制作: Mechtild Mertz

 

一つ前のページへもどる