Research Institute for Sustainable Humanosphere

第73回定例オープンセミナー資料

開催日時 2008/07/09(水)
題目 地上磁場データから宇宙天気図をつくる
Constructing space weather maps from ground-based magnetometer data
発表者 上出洋介 (京都大学生存圏研究所・特任教授)
関連ミッション ミッション 3 (宇宙環境・利用)

要旨

太陽活動の乱れにより、極地の空に華麗なオーロラが舞い、世界中の磁場が変動する磁気嵐が発生することはよく知られています。またこれらの擾乱は、地球周 辺の宇宙空間(ジオスペース)を飛ぶ人工衛星や国際宇宙ステーションの観測機器にダメージを与え、高緯度を飛行する航空機の乗客の健康にも影響することが わかってきました。米国の 6 つの省庁連携による宇宙天気プログラムの発足(1995 年)以来、宇宙天気予報に向けた研究が各国で進みましたが、本講演では主として地上磁場データを用いて宇宙天気図を計算する試みを紹介し、最近の改良につ いて解説します。

上出洋介: 第73回定例オープンセミナー(2008年7月9日) 1

上出洋介: 第73回定例オープンセミナー(2008年7月9日) 2

一つ前のページへもどる