Research Institute for Sustainable Humanosphere

第72回定例オープンセミナー資料

開催日時 2008/06/25(水)
題目 東アフリカ牧畜社会における不確実性への対応とリスクマネジメント
発表者 孫暁剛 (京都大学東南アジア研究所・特定助教)
関連ミッション ミッション 1 (環境計測・地球再生)

要旨

アフリカの生業牧畜民のほとんどは自然条件が厳しく農耕に適さない地域に暮らしている。干ばつ、家畜の伝染病、掠奪、戦争、政治的・経済的な不安定などさ まざまな不確実性に対応しながら、人々は少なくとも千年以上にわたって牧畜をつづけてきた。本発表では東アフリカ乾燥地域における長期のフィールドワーク にもとづき、牧畜を営む地域の自然環境の特徴と牧畜民の生業戦略を明らかにするとともに、技術優先論にもとづく西洋型の開発の失敗を指摘し、リスクマネジ メントの可能性やそれによる牧畜社会の新たな発展について考えたい。

孫暁剛: 第72回定例オープンセミナー(2008年6月25日)

一つ前のページへもどる