Research Institute for Sustainable Humanosphere

第18回(2005年度第10回)定例オープンセミナー資料

開催日時 2005/12/07(水)
題目 Structural characteristics of timber joints of traditional timber structures in Taiwan
(台湾における伝統木造建物の接合部の構造特性)
発表者 Wen-Shao CHANG (京都大学生存圏研究所・外国人共同研究者)
関連ミッション ミッション 4 (循環型資源・材料開発)

要旨

Although destroyed by the Chi-Chi earthquake on 1999, many traditional timber structures still exist in Taiwan. Timber structures have been proved to last hundreds of years under well maintained even in hot and humid environment as Taiwan. To enhance the capacity for surviving the following disasters, specific studies on structural characteristic of these timber structures are necessary. The objective of this study is to explore the structural characteristics of joints of traditional timber structures in Taiwan. The questions were opened by analyses of seismic failures recorded in an extensively survey after Chi-Chi earthquake. The mechanical characteristics of various joints of traditional timber structures were studied and will be reported in the seminar. The results of this study can benefit to improve the knowledge on behavior of traditional timber structures in Taiwan.

1999 年の Chi-Chi 地震によって被害を受けたにもかかわらず、多くの伝統的木造建築物は残存することができた。これは、台湾の温暖で湿潤な気候条件下においても、保守管理をうまく行うことによって木造建築を百年以上も維持させることが可能であることを証明している。今後の災害に耐え得る性能を向上させるためにも、このような建築物の構造的特徴についての研究が必要である。この研究では、台湾における伝統的木造建築物の接合法の構造特性を明らかにすることにある。この研究目標は、Chi-Chi 地震の被害調査を詳細に行い、そこに記録された破壊状況を解析することによって明らかになった。伝統的建築物の色々の接合法の力学的性能について研究を進めてきたが、その内容をセミナーで論じる。これらの結果は、台湾の伝統的な木造建築物の知識を広げていく上で有用なものであるといえる。

 

Wen-Shao CHANG: 第18回(2005年度第10回)定例オープンセミナー(2005年12月7日)
The failures of timber structures during Chi-Chi earthquake

一つ前のページへもどる