Research Institute for Sustainable Humanosphere

2020年度のオープンセミナーが盛況のうちに終了しました

「オープンセミナー」は水曜日の昼食時に開くRISH内の勉強会です。RISH内外から講師を招き、研究所内における成果の共有、新しい研究シーズの発見、研究協力の強化に努めています。今年度はオンラインにて計12回のセミナーを開催し、合計586名の参加がありました。オンライン開催により参加者は例年の倍近くになり、北海道やアメリカから講演をいただくこともできました。生存圏アジアリサーチノードと連動してインドネシア研究院(LIPI)ともオンライン中継を計8回結び、今まで以上に活発な交流の場となりました。

過去のオープンセミナー詳細はこちらから

10月21日「Metabolic engineering of yeast for the production of artepillin C, a plant-derived bioactive compound in Brazilian green propolis.」棟方 涼介(生存圏研究所・助教)
11月18日「波動粒子相互作用がつなぐ宇宙と地球高層大気」栗田 怜(生存圏研究所・准教授)
11月25日「How genes and growth conditions alter grass biomass for biochemical and thermal biofuel processing 」Laura E. Bartley (Institute of biological Chemistry,Washington State University・Associate Proffessor)
1月27日 「ヒノキ林における菌根菌糸の生産と分解」 “Production and decomposition of mycorrhizal hyphae in hinoki cypress forests”  SCHAEFER Holger Christian(生存圏研究所・ミッション専攻研究員)

一つ前のページへもどる