Research Institute for Sustainable Humanosphere

新領域の成果
木質住環境(空間)と健康

課題名 木質住環境(空間)と健康
研究者
  • 木材による調湿および空気汚染物質除去に関する研究
  • 木質住環境における空気質計測
  • 木竹酢液の抗ウイルス性物質の探索(木村彰孝:長崎大)
  • 木質住環境の見えが生理・心理・認知反応に及ぼす影響(仲村匡司:農)
  • 木材由来の香り成分による生理・心理応答と自律神経活動(光永徹:岐阜大)
  • 木材パネルの設置が睡眠の質に及ぼす影響(東賢一:近大)
  • 抽出成分の分析とヒト細胞の生理応答(宮越順二)
  • スギ木口スリット材の吸放湿機能の向上に関する技術開発(古田裕三:京都府立大)
成果
  • 唾液分析の結果から、免疫グロブリン(分泌型IgA)は就寝前、起床後ともにスギスリット材パネルの設置により有意に高くなっていた。
  • 既往研究においても針葉樹林によって分泌型IgAが増加したという同様の報告があり、スギパネルの設置によって免疫活動が活発化した可能性が示唆された。

fig7-1

発表論文

  Matsubara E., Sustainable Humanosphere, 8, 9, 2012.
  Matsubara E., Building and Environment, 72, 125-130, 2014.
  松原恵理、木材工業, 69(7),280-285, 2014
  松原恵理、他、Aroma Research, in press

 

学会発表、シンポジウム

  35件

 

1) 生存圏の新領域開拓研究から出た論文

  1. Matsubara E., Umemura K., Kawai S. Evaluation of the VOC of Sugi (Cyptomeria japonica) wood on psychophysiological responses. Sustainable Humanosphere, 8, 9, 2012.
  2. Matsubara E., Kawai S. VOCs emitted from Japanese cedar (Cryptomeria japonica) interior walls induce physiological relaxation. Building and Environment, 72, 125-130, 2014.
  3. 松原恵理. 天然資源由来の香りの機能性—快適な室内環境つくりー,木材工業, 69(7),280-285, 2014. (総説)
  4. 松原恵理, 光永徹, 川井秀一. 木質内装材施工空間における香りとヒトの生理心理応答, Aroma Research, in press.

 

 

2) その他、アピールできる実績
(学会発表)

  1. 松原恵理, 木村彰孝, 中山雅文, 藤田佐枝子, 中川美幸, 梅村研二, 川井秀一. スギスリット材を施工した保存空間でのスギ材由来テルペン類の分析, 第30回記念日本木材加工技術協会年次大会講演・研究発表要旨集, 39-40, 2012.
  2. 高橋けんし, 矢吹正教, 松原恵理, 川井秀一, 津田敏隆: 居住空間における二次粒子生成過程に与える換気の影響、第54回大気環境学会年会, P-001, 2013年9月, 朱鷺メッセ(新潟)
  3. K. Takahashi, M. Yabuki, T. Tsuda: Observational and experimental studies on the air quality issues in outdoor and indoor environments. International Symposium on Frontier Researches in Sustainable Humanosphere 2013 − Humanosphere Science School 2013−, Nov., 2013., Kyoto Univ. Kihada Hall
  4. 仲村匡司,菊地由衣,木村彰孝,八木佳子,末宗浩一,中野隆人: 木材による単純な壁面デザインがヒトの心身に及ぼす影響 1.主観的木材率の変化. 第64回日本木材学会大会,2014年3月,愛媛大学(松山)
  5. 木村彰孝,仲村匡司,菊地由衣: 木材による単純な壁面デザインがヒトの心身に及ぼす影響 2.自律神経活動および気分・感情への影響. 第64回日本木材学会大会,2014年3月,愛媛大学(松山)
  6. 菊地由衣,仲村匡司,木村彰孝,八木佳子,末宗浩一,中野隆人: 木材による単純な壁面デザインがヒトの心身に及ぼす影響 3.眼球停留関連電位(EFRP)の変化. 第64回日本木材学会大会,2014年3月,愛媛大学(松山)
  7. 菊地由衣,仲村匡司,木村彰孝,八木佳子,末宗浩一,中野隆人: 木材による単純な壁面デザインがヒトの心身に及ぼす影響 4.見た目の印象の変化. 第64回日本木材学会大会,2014年3月,ひめぎんホール(松山)
  8. 菊地由衣,仲村匡司,中野隆人,八木佳子: 木材による単純な壁面デザインが眼球停留関連電位(EFRP)に及ぼす影響. 2013年度日本生理人類学会研究奨励発表会,2014年2月,神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ(大阪)
  9. 菊地由衣,仲村匡司,木村彰孝,八木佳子,中野隆人: 壁面デザインが眼球停留関連電位および印象評価に及ぼす影響,第69回日本生理人類学会大会,2014年6月
  10. 松原恵理, 梅村研二, 藤田佐枝子, 川井秀一. スギ材施工空間における作業時の生理・心理応答, 第63回日本木材学会大会研究発表要旨集,G27-04-1100,2013.
  11. 松原恵理, 川井秀一, 藤田佐枝子. 自覚的なアレルギー症状保有者の木材由来香りに対する生理・心理応答. 第26回におい・かおり環境学会講演要旨集, p.66, 2013.
  12. 高橋けんし, 矢吹正教, 松原恵理, 川井秀一, 津田敏隆. 居住空間における二次粒子生成過程に与える換気の影響, 第54回大気環境学会年会, P-001, 2013.
  13. Kawai S., Matsubara E. Wooden Habitat and Human Health- Characterization of air quality and the effect on the human health-. International Symposium on Frontier Researches in Sustainable Humanosphere 2013, p23-25, 2013.
  14. 松原恵理, 川井秀一, 藤田佐枝子. スギ材施工空間における作業時の生理・心理応答㈼, 第64回日本木材学会大会研究発表要旨集, G15-09-1115, 2014.
  15. 松原恵理,川井秀一,藤田佐枝子. 自覚的なアレルギー症状保有者の木材由来香りに対する生理・心理応答㈼,第27回におい・かおり環境学会講演要旨集,p.65,2014.
  16. I. Bamba, K. Azuma, S. Fujita, Y. Tsujino, M. Uebori, A. Kimura, M. Nakamura, K. Kouda, S. Kawai: Effect of Japanese cedar on psychological and physiological factors influencing fatigue recovery in an indoor environment. Environment and Heath -Bridging South, North, East and West, Aug., 2013, Basel, Switzerland
  17. 萬羽郁子,東賢一: におい刺激による脳血流変化の検討—木材等の試料提示直後の変化—. 日本建築学会2013年度大会, 2013年8月, 北海道大学(北海道)
  18. 萬羽郁子, 東賢一: 居住空間におけるスギ材の心理的及び生理的効果に関する研究—スギ材パネルの設置が睡眠に及ぼす影響の検討—. 日本家政学会関西支部第35回(通算91回)研究発表会, 2013年10月, 大阪青山大学(大阪)
  19. 萬羽郁子,東賢一: 木材等のにおい刺激による脳血流量の経時変化. 第37回人間-生活環境系シンポジウム, 2013年11月, 神戸大学統合研究拠点(神戸)
  20. Kikuchi, Y., Nakamura, M., Yagi, Y., Kimura, A., Nakano, T.: Effects of wooden wall designs on perceived wood ratio, Proceedings of IAWPS2015,2015.
  21. Nakamura, M., Kimura, A., Kikuchi, Y.: Evaluation of visual impression of full-size wooden wall decorated by Sugi timber, Proceedings of IAWPS2015,2015.
  22. 菊地由衣,仲村匡司,木村彰孝,中野隆人:表面加飾および木材量の異なる木質壁面デザインがヒトの心身に与える影響1,第65回日本木材学会大会研究発表要旨集,2015.
  23. 木村彰孝,仲村匡司,菊地由衣:表面加飾および木材量の異なる木質壁面デザインがヒの心身に与える影響2,第65回日本木材学会大会研究発表要旨集,2015.
  24. 木村彰孝:内装への木材使用がヒトの心理・生理面に与える作用−実大空間による検討−,生物資源,8・4,10-20,2015.
  25. 高橋良香:スギ材が人の心理及び生理面に及ぼす作用(スリット加工および各種感覚間の効果),第65回日本木材学会大会研究発表要旨集,2015.
  26. 光永徹:サイプレス材テルペンの吸入による肥満抑制効果,生物資源,8・2,16-24 2014.
  27. 光永徹:サイプレス材精油香気成分の肥満抑制食品フレーバーとしての可能性,Foods & food ingredients journal of Japan,219・2,126-133,2014.
  28. 松原恵理:天然資源由来の香りの機能性—快適な室内環境つくりー,木材工業,69・7,280-285,2014.
  29. 小川愛,光永徹,清水邦義,近藤隆一郎,其田桂子,松原恵理:植物香気成分の吸入が自律神経活動に及ぼす効果,第65回日本木材学会大会研究発表要旨集,M18-07-1130,2015.
  30. 松原恵理,川井秀一:スギ材香り成分の心理学的評価と脳血流変動解析,第65回日本木材学会大会研究発表要旨集,G17-P-S04,2015.
  31. Bamba, I., Azuma, K.: Relation of changes in cerebral blood flow and diffusion material caused by smelling wood, Indoor Air 2014, HP0970, Hong Kong, 2014.
  32. 三好由華,田井駿一,石原麻由子,古田裕三,大越 誠,川井秀一:スギスリット材の吸放湿機能の向上に関する技術開発.第65回日本木材学会大会研究発表要旨集,2015.
  33. 松原恵理,川井秀一. 木材由来の香り成分による生理心理応答解析,日本味と匂学会第49回大会, 2015年9月発表予定

 

(その他)

  1. 川井秀一.森を育て健康で快適な住まいを創る、杉を科学する セミナー第1回目、2015
  2. 光永徹、藤田佐枝子.樹木香気成分の吸入による神経・生理に及ぼす効果、杉を科学する セミナー第4回目、2015
  3. 川井秀一、藤田佐枝子.森を育て健康で快適な住まいを創る パート㈼、杉を科学する セミナー第6回目、2015
  4. 川井秀一. 雑誌「予防医療Aggressive」 日本健康長寿第4回再発見 隠れた日本の財産「杉を、科学する」)in press.
  5. 川井秀一、東賢一、藤田佐枝子、勝又章.シンポジウム「木材と健康維持増進!」、2015.8.19

各研究課題の実績一覧に戻る

ページトップ

一つ前のページへもどる