Research Institute for Sustainable Humanosphere

国際教育・研究活動

生存研の活動は国際的に拡がっています。国際共同研究を幅広く推進させるとともに、共同利用・共同研究拠点としての新展開として、全国共同利用型の施設・設備、データベース、研究プロジェクトを、海外の大学・研究機関等の研究者に開放しています。さらに、アジア地域を中心に国際社会の科学技術の進展にも大きく貢献しています。

国際共同研究プロジェクト

海外の研究者との積極的な交流を促進し、多様な国際共同研究を展開するとともに、生存圏科学の進展と振興をめざしています。所員の推進する国際共同研究は年間約50件を超え、海外への研究者派遣回数は年間のべ120件、海外から当研究所を訪問する研究者は50名を超えます。また、研究所のアジアリサーチノードに関連したSICORP(JASTIP)プロジェクトや、科学技術振興機構(JST)と国際協力機構(JICA)によるSATREPSプロジェクトなどを活用して、国際的な人材育成や共同研究プロジェクトを推進しています。

ページトップ

大学設備・施設の国際共同利用

インドネシアの西スマトラ州の赤道上にある大型の大気観測用ドップラーレーダー、滋賀県甲賀市信楽町に設置しているMU レーダー(中層超高層大気観測用大型レーダー)は、共同利用の国際化を開始しています。居住圏劣化生物飼育棟(DOL)、生活・森林圏シミュレーションフィールド(LSF)をはじめとする他の共同利用設備・施設でも国際共同研究を推進するとともに、技術移転や高等教育を促進しています。

ページトップ

国際研究集会・教育プログラム

国際シンポジウム・スクールを毎年、数回実施しています。また、グローバル生存学大学院連携ユニットをとおして、外国人教員による生存圏科学に関する新しい研究も促進しています。さらにインドネシア科学院(LIPI)との共催により「生存圏科学スクール(HSS)」2008年度より毎年開催し、2011年度からは「国際生存圏科学シンポジウム(ISSH)」も併催しています。

ページトップ

国際学術交流協定

mou生存圏科学の研究者コミュニティの交流を促進し、関連分野のさらなる進展をはかるため、生存研は世界各地の研究機関と多くの学術交流協定を締結しています。平成28年度時点で、その数は22 件にのぼり、年々増加しています。

国名 協定校名
中国 南京林業大学
フランス フランス科学研究庁 植物高分子研究所
インドネシア インドネシア航空宇宙庁
マレーシア マレーシア理科大学生物学部
フィンランド フィンランド技術研究所
中国 浙江農林大学
カナダ ヨーク大学地球惑星科学研究センター
アメリカ合衆国 オクラホマ大学大気・地理学部
インド 宇宙庁 国立大気科学研究所
ブルガリア ブルガリア科学院情報数理学部
中国 西南林業大学(西南林学院) 経済林専攻
台湾 国立成功大学計画設計学院
インドネシア タンジュンプラ大学
インドネシア インドネシア科学院・生物材料研究・開発センター
タイ チュラロンコン大学理学部
インドネシア リアウ大学
韓国 江原大学校 山林環境科学大学
インドネシア インドネシア公共事業省人間居住研究所
インドネシア インドネシアイスラム大学土木工学・計画学部
中国 東北林業大学
インドネシア アンダラス大学
インド インド地磁気研究所

ページトップ

外国人招へい研究者

中核研究部には、外国人客員部門が設置されています。外国人客員の招へいは昭和61年に始まり、現在では3名分のポジションに毎年約6名の外国人研究者を迎えています。若手の外国人研究者の招へいは増加傾向にあり、日本学術振興会の外国人特別研究員の受け入れはこの5年間で平均約5名です。留学生は、毎年平均約15名が在籍しています。

ページトップ

一つ前のページへもどる