Research Institute for Sustainable Humanosphere

沿革

木質科学研究所 宙空電波科学研究センター
1944(昭和 19)年 5 月 19 日
幹線(勅令台 354 合)が交付され、本学(当時京都帝国大学)に木材物理、木材科学、木材生物の 3 研究部門よりなる木材研究所が付置。
 
1949(昭和 24)年 5 月 31 日
国立大学設置法が公布され、当初は京都大学付置と改まり、同時に官制の勅令は廃止。
 
  1961(昭和 36)年 4 月
京都大学工学部付属電離層研究施設として発足。
超高層物理学部門設置。
1963(昭和 38)年 4 月 1 日
木質材料研究部門が新設。
 
1967(昭和 42)年 6 月 1 日
リグニン化学研究部門が新設。
1967(昭和 42)年 4 月
超高層電波科学部門設置。
1979(昭和 54)年 4 月 1 日
木材防腐防虫実験施設が設置。
 
1980(昭和 55)年 4 月 1 日
材鑑調査室が設置。
 
  1981(昭和 56)年 4 月
京都大学超高層電波研究センター(全国共同利用)へ改組。
1984(昭和 59)年 4 月 11 日
高耐久性木材開発研究部門が新設。
1984(昭和 59)年 4 月
共同利用開始。
1984(昭和 59)年 11 月
MU レーダー完成。
信楽 MU 観測所開所。
  1985(昭和 60)年 4 月
レーダー大気物理学部門設置。
レーダー大気環境科学客員部門設置。
  1986(昭和 61)年 4 月
レーダー情報処理室設置。
1991(平成 3)年 4 月 12 日
3 大部門・1 客員部門へ改組・拡充され、木質科学研究所に改称。
 
  1993(平成 5)年 3 月
MU レーダー実時間データ処理システム設置。電波科学計算機実験装置(KDK)設置。
1994(平成 6)年 2 月 15 日
木質材料実験棟を新設し、複合材料分野、構造機能分野が移転。
1994(平成 6)年 6 月
数理電波科学部門設置。
  1995(平成 7)年 3 月
超高層電波科学データアーカイブシステム設置。
  1996(平成 8)年 3 月
マイクロ波送受電実験棟(METLAB)完成。
  1997(平成 9)年 3 月
高速並列レーダー制御システム設置。
  1999(平成 11)年 1 月
先端電波科学計算機実験装置(A-KDK)設置。
  2000(平成 12)年 3 月
レーダー・ライダー複合計測システム設置。
  2000(平成 12)年 4 月
京都大学宙空電波科学研究センター(全国共同利用)へ改組。
  2001(平成 13)年 3 月
可搬型レーダー(赤道大気レーダー)設置。 宇宙太陽発電所発送受電システム設置。
  2002(平成 14)年 3 月
宇宙太陽発電所研究等(SPLAB)設置。 5.8 ギガ宇宙太陽発電無線電力電送システム(SORTS5.8)設置。

UnderArrow[1]

2004(平成 16)年 4 月 1 日
生存圏研究所発足
2005(平成 17)年 4 月
大学附置全国共同利用研究所となる。
2008(平成 20)年 4 月
持続可能生存圏開拓診断システム(DASH)設置。
2009(平成 21)年 1 月 1 日
宇宙圏電波科学分野の名称を宇宙圏航行システム工学分野に変更。
2010(平成 22)年 4 月
共同利用・共同研究拠点として認定される。
2011(平成 23)年 5 月
高度マイクロ波エネルギー伝送実験装置(A-METLAB)設置。
2011(平成 23)年 10 月
先進素材開発解析システム(ADAM)設置。

 

ページトップ

一つ前のページへもどる