Research Institute for Sustainable Humanosphere

コムラサキ(by 材鑑調査室 #7)

材鑑調査室前のコムラサキ(ムラサキシキブ)の実が綺麗に色づいてきました。
実を愛でることが多いこの木ですが、縄文時代の日本では、
弓と思われる道具に、ムラサキシキブの木材が数多く使われていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縄文人も愛でたであろう紫の実。
時には遠い昔に思いをはせるのもいいかもしれません。

(材鑑調査室 by ST)

一つ前のページへもどる