Research Institute for Sustainable Humanosphere

信楽MUレーダー見学ツアー2020を開催しました

11月14日に信楽MUレーダー見学ツアーを開催し、午前と午後の部を合わせて78名の参加がありました。感染症対策のため、前年度よりも定員を半数程度に削減し、広報活動も行わない状況においての開催となりましたが、定員を大きく上回る応募があり、抽選で選ばれた78名の参加がありました。
当日は2班に分かれて、教員および観測所スタッフによるMUレーダーおよび光・電波・音波を用いた大気観測装置の見学ツアーを行いました。最後に、気球を用いた大気計測手法(ラジオゾンデ)を説明し、来場者と一緒に気球を放球する観測実演を実施しました。
参加者からは、「普段見る事が出来ない観測器内部やアンテナを間近で見ることができて良かった」「分かり易く説明して頂いて、大変良かった」などの、好評な感想を多く頂きました。

生存圏研究所信楽MU観測所・MUレーダーとは

一つ前のページへもどる