Research Institute for Sustainable Humanosphere

宇治市小学校教員 理科教育研修会

2019年8月2日(金)に、宇治市の小学校教員 理科教育研修会が行われ、当研究所のバイオマス形態情報分野 杉山淳司教授が講義を行いました。小学校教員からの事前質問に答える形式で木材の特性に触れた後、材鑑調査室を見学しました。

材鑑調査室:材鑑調査室の保有する「もの」のデータベースである木材標本を共同利用に供し、木材解剖学、樹種同定、人と木とのかかわりを調べる文理融合的な研究などの研究を推進しています。保有するデータベースのなかでもとくにユニークな素材が「古材標本」です。文化財所有者や修理事務所の協力を得て、指定文化財の建造物の修理などで生じる取り替え古材を系統的に収集しています。

一つ前のページへもどる