Research Institute for Sustainable Humanosphere

京都大学たちばな賞の表彰式が行われ、田鶴寿弥子助教が優秀女性研究者奨励賞の受賞者として表彰されました

第13回京都大学たちばな賞(優秀女性研究者賞)および優秀女性研究者奨励賞の表彰式がオンラインで行われ、田鶴寿弥子助教(バイオマス形態情報分野)が優秀女性研究者奨励賞の受賞者として表彰されました。

■優秀女性研究者奨励賞(研究者部門)■
田鶴寿弥子助教(生存圏研究所 バイオマス形態情報分野)
「新旧手法を併用した木質文化財の科学調査による東アジアの木の文化の多様性解明へむけた文理融合型研究」

奏 長博 (京都大学総長)挨拶
稲垣 恭子(理事・副学長)挨拶

*京都大学たちばな賞(優秀女性研究者賞)とは*
本学における若手の女性研究者の優れた成果を讃える制度として、学術上優れた研究成果を挙げた若手の女性研究者を顕彰し、当該若手女性研究者およびこれに続く若手女性研究者の研究意欲を高め、本学、さらには我が国の学術研究の将来を担う優れた女性研究者の育成等に資することを目的に創設されました。

一つ前のページへもどる